【社長:島正行】シマトレーディングとユースビオは親戚↓マスクを輸入

世間の噂や○○説

こんにちは。ミライです。

アベノマスクの製造元として厚労省は”4社”全ての社名を公表しました。

ところが、国会答弁の中で”新たな5社目”が浮上し世間の注目を集めています。

5社目は「シマトレーディング」という会社のようです。

一体、シマトレーディングとはどんな会社なのでしょうか?

国会答弁で5社目「シマトレーディング」の名前が浮上

アベノマスクの製造元として5番目に名前が挙がったシマトレーディングについて「デイリー」は次のように報じています。

政府配布の布マスク(俗称アベノマスク)を巡り、
妊婦用に配布されたマスクの受注企業4社のうち、
なかなか明かされなかった最後の1社が、
27日に福島市の「ユースビオ」だと公表された件について、
立憲民主・大串博志議員が質問。

この応答の中で、
加藤勝信厚労相が

輸出入をするもうひとつの会社と一緒になって契約額が5・2億円。
従って輸出入についてはその会社が担っていたと聞いております」

と述べた。

大串議員が

「初めて聞きました」

と指摘すると、
加藤厚労相は

シマトレーディングという会社でありまして、
ユースビオはマスクにおける布の調達、あるいは納品時期等の調整。

いま申し上げたシマトレーディングは生産輸出入の担当をされていた」

と述べた。

大串議員は

「今になって新しいことが言われて、
極めて不透明な感じがする」

と指摘した。

(2020年4月28日配信)

上記の通り、シマトレーディングはマスクの輸入を担当していたようです。

しかし、厚労省はアベノマスクの製造を委託した会社を”4社”と回答しています。

ここに来て5社目の関与が浮上したため、当初の説明と食い違いが生じ、国民の間では更なる不信感が生まれています。

世間の反応

うーん、ユースビオからシマトレーディングが出てきて、
家族経営なのかもぬけの殻なのか、
国が億単位の取引をするには正体不明な怪しさだけが際立つのだが。

イースビオとシマトレーディング怪しすぎる。

シマトレーディング事務所無人もぬけの殻。

福島登記の会社は無税を悪用の政治家裏会社では?

復興事業受注してたら裏金作り実績ありだよ。

検察の出番だよ。

ユースビオがシマトレーディングを利用したのは、
通関士の資格を持たなかったからだろう。

それで知人にあたってシマトレーディングにお願いしたと思われ。

シマトレーディング社長は島正行!画像は?

ベトナムで生産されたマスクを日本に輸入したシマトレーディングとはどんな会社なのでしょうか?

そこで、会社概要を調べたところ、社長を務めているのは島 正行さんであることが判明したのです。

ただ、島社長の顔写真などは掲載されておらず、その素性は不明となっています。

しかし、過去には「植物検疫法違反」の容疑で書類送検されていました。

シマトレーディングは2006年2月、
植物検疫法違反の容疑で千葉地検に書類送検された過去がある。

当時の記事によると、

〈害虫が発見された植物を消毒しないで輸入しようとしたとして、
成田空港署は17日、
植物輸入会社「シマトレーディング」(福島市)と同社社長(57)ら4人を植物防疫法違反の容疑で千葉地検に書類送検した。〉

〈同署や農水省によると、
空港の植物防疫官が05年9月、
同社がイタリアから輸入しようとした観賞用切り枝「ピットスポラム」に検疫害虫に指定されているアブラムシ科の昆虫を発見。〉

〈同社に対し、
同法に基づく消毒命令を出したにもかかわらず、
ほかの植物とすり替えて不正に輸入しようとした疑い〉

※「デイリー新潮」より引用
(2020年4月28日配信)

マスクの製造を担当したユースビオにも脱税で告発された過去があるため、国民はこの2社に対して不信感を募らせています。

ユースビオ社長:樋山茂とは親戚

国会答弁の中で野党からの追求を受けたか加藤厚労相は、シマトレーディングとユースビオの関係について次のように述べています。

「ユースビオとシマトレーディングは、グループ企業であり、
代表としてユースビオをあげている」

※「BuzzFeed JAPAN」より引用
(2020年4月28日配信)

ただ、同社はグループ企業という関係だけではなく、実は親戚なのです。

「元々、ユースビオの社長さんとは付き合いがあります。
私の母方の親戚に当たるんです」
 
と話すのは、
同社の取締役の島健太郎さん(38)。

島正行社長の息子でもある。

「ユースビオの社長さんから、
(マスクをやることになったので)通関業務をお手伝いしてもらえませんかという声掛けがあった、それだけです。

ウチもこのコロナの件で開店休業状態が続いているのも事実です」

※「デイリー新潮」より引用
(2020年4月28日配信)

事実、シマトレーディングの所有者は「樋山 賀代子」と表記されていることが確認されています。

上記の通り、このツイートでは「樋山 賀代子=樋山 茂の母親」説が指摘されています。

しかし5ch(2ch)によると、「樋山 賀代子=樋山 茂の」という書き込みが確認されたのです。

樋山賀代子は樋山茂の奥さん

それだけに、こんな露骨なニュースは疑った方がいい

樋山 賀代子さんについては情報が錯綜しているため、何が事実なのかは分かりません。

しかし、アベノマスクに関わったシマトレーディングとユースビオが親戚同士の会社であることは事実です。

スポンサーリンク