【ペーパーカンパニー?】ユースビオは何の会社?概要や社長(代表)は誰?

世間の噂や○○説

こんにちは。ミライです。

汚れ異物混入でバッシングに晒されているアベノマスクですが、ここに来て遂に製造元の4社目が明らかになりました。

発表によると、最後の1社は「株式会社ユースビオ」とのこと。

一体、ここは何の会社なのでしょうか?

アベノマスク4社目は「株式会社ユースビオ」で妊婦用マスクを製造

社名が公表された「ユースビオ」について「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、
政府が配布している妊婦用の布マスクを受注した4社のうち、
公表していなかった1社福島市の「ユースビオ」であることを明らかにした。

妊婦用マスクについては、
変色や異物混入などが見つかり、
配布を中断している。

菅氏の説明によると、
これまでに妊婦用の布マスクは約50万枚配った。

介護施設などに配った約2千万枚の布マスクの一部だという。

介護施設向けマスクを受注したのは、
伊藤忠商事や興和、
マツオカコーポレーション、ユースビオ、「横井定」の計5社で、
横井定を除く4社が妊婦用マスクを納入。

菅氏は

「改めて確認を行い、
ユースビオの納入分も妊婦用マスクに配布されていた。

確認できたため、公表した」

などと話した。

(2020年4月27日配信)

上記の通り、ユースビオは主に妊婦用の布マスクを製造していました。

妊婦用マスクは汚れや変色などの不良品が多く、既に回収指示が出されています。

一体、ユースビオとは何の会社なのでしょうか?

世間の反応

最後のマスク会社「株式会社ユースビオ」と回答。

しかし業務実態のない、
ホームページも持たないなぜそんな会社が請け負えると考えたのか?

さらなる疑惑が浮上している。

税金での「アベノマスク」だし、
発注・受注の経緯が知りたい

今日のおもしろワードは…
株式会社ユースビオかぁwww

株式会社ユースビオ、
検索したら本当にホームページも出てこない。

ユースビオはペーパーカンパニー?会社の概要は?

アベノマスクを製造した4社目として公表されたユースビオですが、一体、何の会社なのでしょうか?

実は、この会社は政府から要請を受ける程の企業でありながらも、自社のHPが存在しないのです。

さらには事業内容も公開(登録)されておらず、その詳細は分かっていません。

現在判明している会社概要は以下の通りです。

■商号 / 名称
株式会社ユースビオ

■法人番号
2380001028430

■郵便番号
〒9608074

■所在地
福島県福島市西中央5丁目54番6号

■最終変更日
2017-08-30

■法人番号指定日
2017-08-30

※「https://全国法人データベース.com」より引用

上記の通り、ユースビオの所在地は福島県 福島市です。

しかし、この住所を検索すると以下の場所が表示されるのです。

この検索結果を見る限り、会社として実在(機能)しているようには思えません。

そのため、ネット上では「実在するのか?」「架空会社ではないか?」という疑惑の声も上がっています。

追記

ユースビオは木質ペレット(固形燃料)の輸入会社と判明。

事業内容が不明だったユースビオですが、「BuzzFeed JAPAN」の報道によると、ベトナムから木質ペレットを輸入する事業を行っていたようです。

ユースビオはもともと、
ベトナムからバイオマス発電用の木質ペレットを輸入する事業を展開している。

(2020年4月27日配信)

この記事にはユースビオ代表者のコメントも掲載されており、安倍政権との利権や癒着の疑惑が真っ向から否定されていました。

社長(代表)は誰?利権や癒着の疑惑も

多くが謎に包まれているユースビオですが、なんと社長(代表者)の名前すらも公開(登録)されていないのです。

業務実態が明らかにされていないことに加え、最後の最後まで社名が公表されなかったことで国民の間では利権絡み癒着を指摘する声も上がっています。

実は、その疑惑を後押しするように、ユースビオの会社と思われるドアには公明党のポスターが貼られていたのです。

上記の通り、このポスターには公明党所属の若松謙維(かねしげ)議員が写されています。

若松議員は公認会計士の資格を保有しており、「消費税増税に賛成」や「アベノミクスを評価する」という立場を取っています。

実際のところ、ユースビオが利権絡みで政府から委託を受けたのかは分かりません。

しかし、安倍政権には疑わしい言動不自然な行動が指摘されていることは事実です。

例えば、アベノマスクの製造を請け負った興和は、国内に工場を保有しているにも拘わらず、わざわざミャンマーの工場でマスクを製造しています。

その後、安倍政権とミャンマーの関係性が洗い出され、その結果、麻生太郎 副総理との接点が見いだされたのです。

「日本ミャンマー協会」の最高顧問を麻生副総理が務めていることから、興和がミャンマーでマスクを製造したことも利権や癒着が指摘されているというわけです。

ユースビオの代表が利権や癒着を明確に否定

会社概要が明らかになっていないユースビオを巡っては、利権や癒着の疑惑が数多く指摘されています。

しかし、「BuzzFeed JAPAN」がユースビオ代表のコメントを掲載し、これらの疑惑を完全に否定したのです。

公表が遅れたことで、
ネット上では

「疑惑のアベノマスク」

「お友達に便宜を図ったんじゃ」

などと、
「癒着」や「利権」を疑う声が拡散された。

癒着は一切ないです。
もし安倍さんと癒着があったら、もっと高い値段にしてますよ」

BuzzFeedの取材に対し、
ユースビオの代表は苦笑まじりにこう否定する。

厚労省に名前を伏せるように頼んだこともなく、

「最初に社名を出していいかと聞かれた時から、
ずっと『いいですよ』とお伝えしています」。

(2020年4月27日配信)

上記の通り、ユースビオの代表は利権や癒着の疑惑を一蹴しました。

しかし、この代表は自身の名前を一切明らかにしていないのです。

既に述べた通り、ユースビオの会社概要には代表者の氏名はおろか、事業内容すら登録されていませんでした。

そのため、いくらメディアを通じて疑惑を否定したところで、自身の素性を明かさないようでは疑惑が完全に晴れることはないとおもわれます。

追記

その後の報道により、
ユースビオの代表が樋山 茂氏であることが判明。

ユースビオの代表を務める樋山 茂社長については以下の記事をご覧ください。

2018年に脱税で告発された会社と同じ住所だった

会社の概要が全く不明なユースビオですが、実は、その所在地が過去に脱税で告発された会社の住所と同じだったことが判明したのです。

上記の通り、脱税で告発されたのは「ユースポット」という会社です。

現在のところ、この2社の関連は不明ですが、所在地が同じであることから全く無関係だとは言えないでしょう。

樋山茂を知る人間が政府の杜撰さを告発

かつて樋山社長と一緒に事業をしていた人物が、今回の疑惑についてFacebook上で言及しました。

その人物は野木新一氏です。

野木氏は自身のFacebookにて、ユースビオが政府から委託を受けた経緯について明らかにしました。

契約までの経緯について野木氏は次のように告発しています。

上記の通り、ユースビオはもともとベトナムでマスクを製造できる”当て”があったのです。

ユースビオは助成金を受けていながらも、その事業は軌道に乗ってはいませんでした。

そのため、アベノマスク政策が公表された際、”ダメ元”で立候補したようです。

一般的に考えて、全く無名の会社が政府からの仕事を請け負えるとは思えません。

ところが、安倍政権は委託先の会社をロクに調べもせずに、マスク受注の契約を取り交わしたとのこと。

樋山社長は野木氏に対しても「政府との癒着は一切ない」と弁明しています。

また、その言葉を聞いた野木さん本人も「90%は本当の事だろうと思う」と述べています。

さらに、野木さんは、政府がユースビオの社名を公表しなかった理由についても「お友達企業を守るため」と考察しています。

確かに、安倍政権はユースビオの社名を最後まで公表せず、現在に至るまで契約の経緯を説明していません。

そうやって国民の目をユースビオだけに向けさせることで、お友達企業への批判をそらす目的だと野木さんは睨んでいるのです。

スポンサーリンク