【記者は誰】日刊スポーツのバスタ新宿はフェイクニュース?

世間の噂や○○説

こんにちは。ミライです。

2020年4月7日夕方、安倍総理が「緊急事態宣言」を発令し、1都6府県に対して外出の自粛などを”要請”しました。

しかし、その直後から「バスタ新宿」人で溢れかえっていることが「日刊スポーツ」に掲載され世間の注目を集めています。

もし、この報道が事実であれば、緊急事態宣言の意味が全く無くなってしまいます。

果たして、バスタ新宿の様子はどうなっていたのでしょうか?

日刊スポーツが「バスタ新宿」の混雑具合を報道

混雑するバスタ新宿について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

緊急事態宣言とともに都内のターミナル駅や空港から「東京脱出」が増えた。

JR新宿駅に直結する日本最大級の高速バスターミナル「バスタ新宿」は7日、
利用客であふれ
高速バス乗り場には大型キャリーバッグや荷物を手にした人が目立った。

7日午後9時40分新宿発~岩手・盛岡駅に8日午前5時5分着の便は、
夕方には残り席はわずか

ネット予約で1人3200円からと、
格安料金のためか若者の姿が目立った。

(2020年4月7日19:25配信)

上記の通り、緊急事態宣言直後のバスタ新宿は「東京脱出」を図る人間でごった返していたようです。

小池 百合子都知事は、緊急事態宣言の発令に際して「都市封鎖はしない」と明言しています。

そのため、緊急事態宣言が発令されたからといって、公共交通機関がストップするわけではないのです。

しかし、一部の人間が「緊急事態宣言=都市封鎖」と勘違いしたため、ネット上では「東京脱出」を呼び掛ける声が多数上がっていました。

もし、東京都に住む人間が地方に流れ込めば、地方でクラスターが大量に発生する危険性が高まります。

フェイクニュースだった?

東京脱出を図る人間で混雑していたことが報じられたバスタ新宿ですが、この記事を巡り、炎上状態となっています。

というのも、日刊スポーツの記事が「フェイクニュース」であることが指摘されからです。

上記の通り、複数のユーザーから、「バスタ新宿はガラガラだった」という証言が報告されていたのです。

現場の写真もアップされていたため、ネット上では日刊スポーツの記事に関して「デマ」「フェイクニュース」という批判が続出しています。

バスタ新宿の記事を書いた記者は誰?

現在のところ、問題の記事を書いた記者については特定されていません。

この記者について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

世間の反応

撮影に行けるはずのバスタ新宿の写真を使わずに記事にしているという点でも確信犯だよな。

え!

バスタ新宿前で昨夜ちょうど写真撮ってたけど
まじで人いなかったぞ 

混雑どころの話じゃない

無料公開でフェイクニュースが拡散して自らの首を締めないよう、
正確な報道をお願いします。

バスタ新宿も実際はガラガラでした。

スポンサーリンク