【緊急事態宣言】電車通勤はどうなる?禁止?飛行機は飛ぶ?飛ばない?

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

2020年4月6日、安倍政権が「緊急事態宣言に踏み切る」との報道がなされ世間の注目を集めています。

一体、緊急事態宣言で我々の生活はどのように変化するのでしょうか?

また、いつ行われるのでしょうか?

緊急事態宣言の発令はいつ?

緊急事態宣言の発令について「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

安倍晋三首相は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
緊急事態宣言に踏み切る意向を固めた。

諮問委員会に諮り、
専門家の意見を仰いだうえで、
近く宣言を出す方針だ。

緊急事態宣言は、
政府対策本部の本部長を務める首相が、
都道府県を単位とする区域や実施期間などを示して出すと、
特措法で定められている。

該当地域の都道府県知事が、
感染拡大防止などで必要と判断すれば、
住民への不要不急の外出の自粛要請や、
施設の使用停止、
イベントの開催制限の要請・指示などの措置をとることができる。

(2020年4月6日配信)

現在のところ、緊急事態宣言が発令される時期までは明言されていません。

しかし、「ブルームバーグ」によると、早ければ「4月7日にも緊急事態宣言が発令される」と報じられていました。

安倍晋三首相が、
早ければ4月7日に緊急事態宣言に踏み切ると、
読売新聞朝刊が6日付で報じた。

(2020年4月6日配信)

緊急事態宣言の発令する場合、時期や区域を指定しなければなりません。

現在の時点ではいずれも公表されていませんが、同紙によると、以下の区域が緊急事態宣言の対象として指定される可能性があるようです。

緊急事態宣言の対象区域

(1)東京都

(2)大阪府

(3)兵庫県

(4)北海道

緊急事態宣言の詳細(時期・区域など)については新しい情報が入り次第、追記します。

追記

2020年4月7日夕方に緊急事態宣言を発令。

その後の報道により、緊急事態宣言の対象期間および区域が明らかになりました。

対象期間

2020年4月7日~5月6日までの1ヵ月間。

対象区域

(1)東京都

(2)埼玉県

(3)千葉県

(4)神奈川県

(5)大阪府

(6)兵庫県

(7)福岡県

世間の反応

遅いよね。

先週末に出して
まず学校再開どうするか早く指針を示して欲しかったし、
感染拡大している地域間の往来とか早くして欲しかった。

そんなことより
これから準備するってどういうことですか?

これまで想定されていなかった事に驚く。

ロックダウンは、できない、しない。
と分かった緊急事態宣言に何も意味がないと思うよ。

結局自粛の延長。

月曜からは電車に揺られて出社帰宅、
命にかかわるので土日は家にいてください。

7日のうち2日は死ぬかもしれないから家にいてね。

7日のうち5日は死ぬかもしれないけど仕事してね。

GWは諦めていたが、
夏も何も楽しめないのかー

出来るだけ早く出して欲しいです。

それも、全国で!

一部地域に絞ってしまうと、
格差がまた生まれるとおもいます。

一部に絞ってしまうと
そこから帰省するひとが出てくるとおもいます。

スーパー、薬局以外は全国で、
2週間は一旦、営業止めてるべきだとおもいます。

通勤はどうなる?電車通勤は禁止?

緊急事態宣言が発令された場合、仕事はどうなるのでしょうか?

ネットの声を聞くと、「緊急事態宣言=仕事は休み」と考えている人が多数いるようです。

しかし、これは誤りです。

仮に緊急事態宣言が出されたとしても、基本的には従来と同じ”要請”ベースであるため、国民に対して「自宅待機」や「外出禁止」を”強制”(命令)することはできないのです。

また、単なる”要請”であることから、これを破ったとしても罰則はありません。

都市封鎖(ロックダウン)は緊急事態宣言よりも拘束力があるため、外出禁止や店舗の閉鎖などを”命令”できます。

今回の緊急事態宣言では住民に対する強制力がなく、全ては本人の意志に委ねられているのです。

ちなみに、公共交通機関もストップするというわけではありません。

ただ、ウイルスの感染拡大を防ぐために、”減便”などの措置もあり得るようです。

赤羽一嘉国土交通相は3月31日の閣議後会見で、
緊急事態宣言が出された場合、
公共交通機関はどのような対応をするのか問われ、こう答えた。

「公共交通機能を確保することが基本とされている。

減便などの措置もありうると想定されるが、
国民生活や経済活動などへの影響を最小限にとどめる

※「朝日新聞DIGITAL」より引用
(2020年4月1日配信)

つまり、緊急事態宣言が出されたとしても、従来通り、電車やバスは運行するのです。

クラスターの温床とされている電車での通勤ですが、これも各企業の判断に委ねられています。

そのため、緊急事態宣言が出たとしても、一律に「電車通勤は禁止」とはなりません。

今後、仮に、
緊急事態宣言に基づく外出自粛要請が出されたとしても、
一律に会社への出勤停止ということにはならない。

それぞれの会社において、
出勤が必須となる業務とそうでない業務に分け、
出勤する人は感染しないよう特段の注意を払いながら
出勤・業務運営を続けるということになると思われる。

※「ニッセイ基礎研究所」より引用
(2020年4月2日掲載)

もし、一律に出勤が停止されれば、経済が回らなくなり、それこそ世界がパニックになるでしょう。

飛行機は飛ぶ?飛ばない?

先述した通り、緊急事態宣言が出されたとしても、公共交通機関はストップしません。

そのため、非行機も従来と同じように運行すると思われます。

ただ、減便や欠航の可能性は十分に考えられます。

緊急事態宣言が出されたとしても、全ては要請ベースであるため、我々の生活が劇的に変化するということはないと思われます。

しかし、だからこそ、1人1人の意識が非常に大きな意味を持ってきます。

スポンサーリンク