【脱税】税理士:志賀公斗の経歴+Facebook

こんにちは。ミライです。

2020年5月21日、税理士の男が刑事告発されました。

逮捕されたのは志賀公人(きみと)氏です。

一体、彼は何の罪で刑事告発されたのでしょうか?

3年間で2億円以上を脱税

刑事告発された志賀氏について「テレ朝news」は次のように報じています。

消費税還付のコンサルティングを行う会社2社と
その実質的経営者の元税理士が8億円以上の所得を隠し
脱税したとして刑事告発されました。

志賀公斗元税理士(38)と志賀元税理士が実質的に経営する会社2社は
2017年までの3年間約8億2700万円の所得を隠し、
所得税と法人税など合わせて2億1200万円ほどを脱税したとして
東京国税局査察部に刑事告発されました。

関係者によりますと、
志賀元税理士は、
嘘の契約書を作成して架空経費を計上するなどの手口で脱税していたということです。

志賀元税理士は、
ANNの取材に対して

「心よりおわび申し上げます」

とコメントしています。

(2020年5月21日配信)

上記の通り、志賀氏は架空の経費を計上するなどの手法で2億円以上を脱税していた疑いが浮上しています。

本人も「心よりおわび申し上げます」と語っているため、脱税は事実なのでしょう。

世間の反応

この税理士先生は脱税のみならず、
二重帳簿も作成して、
銀行提出用と税務署提出用の決算書を2種類作成しています。

会社法計算規則違反などでも訴追されるかもしれないですね。

私はこの税理士のやった事は悪いと思いますが、
やりたい気持ちはわかります。

なぜなら国が無駄な税金の使い方をしてるからです。

特に毎月領収書の要らない国会議員の100万、議員報酬など。

税理士が脱税とか。

脱税する為に勉強したのでしょうか?

まー、
政治家や政府があれだから。

みんな真似したのでしょう。

残念な国だ。

Facebook+経歴は?

志賀氏は税理士業以外にもセミナー講師としても活動していました。

また、過去には本も執筆しており、多方面で活躍していたのです。

自身の著書によると、彼は「早稲田大学」(法学部)を卒業されているようです。

志賀公斗税理士事務所所長・税理士。

早稲田大学法学部卒業後、
都内の会計事務所に就職。

その後、
税理士資格を取得し平成19年4月に26歳で独立。

※「不動産投資でガッチリお金を残す節税のツボ やらないとソンする!」より引用

ただ、SNSは利用しておらず、Facebook存在していませんでした。

そのため、出身高校や家族(妻・子供)の有無までは不明となっています。

スポンサーリンク