【効かない?】レムデシビルの死亡例↓妊婦は?副作用+デメリット

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

新型コロナウイルスの蔓延を打開する策として注目を集めている新薬「レムデシビル」が、日本でも薬事承認される可能性が報じられました。

一体、レムデシビルとはどんな薬なのでしょうか?

また、副作用などのデメリットはあるのでしょうか?

新薬「レムデシビル」が日本でも承認へ

レムデシビルの薬事承認について「上毛新聞」は次のように報じています。

加藤勝信厚生労働相は5日のBSフジ番組で、
新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」について、
早ければ7日に薬事承認するとの見通しを示した。

加藤氏は7日に有識者らによる審議会で薬事承認に向けた議論が行われる予定だと述べ

「了解いただければ速やかに承認したい」

と強調した。

米製薬会社ギリアド・サイエンシズが4日、
レムデシビルを厚労省に承認申請していた。

同省は審査までの手続きを簡略化する制度「特例承認」を適用する。

(2020年5月5日配信)

上記の通り、レムデシビルは”特例”の制度を適用し、最速で5月7日に承認されるようです。

アメリカでは既に正式に認可されており、治療を望む患者に対して投与(点滴)が行われています。

ちなみに、レムデシビルと並んで有望視されている「アビガン」”錠剤”であるため、水と共に嚥下させます。

果たして、レムデシビルに効果はあるのでしょうか?

世間の反応

今、見たが、レムデシビルが7日に承認とか。😑

最初は「申請から一週間」と言ってなかったか?(-ω- ?)

「スピード感」をアピールしたいんだろうけど、
あまりに早すぎやしないか?😧

治療薬…! レムデシビル?

頼む… どうか効いてくれ…

諸外国で制限緩和してる所もあるみたい…

店舗の再開、外出許可…

どうか、どうか。

日本にも早く平和が戻りますように。

これ以上、
悲しい思いをする人が出ませんように。

これ以上、
生活の苦しさに溺れる人が現れませんように…

レムデシビル、即日承認されるのか。

対応が早い!

レムデシビルは効かない?

新型コロナウイルスの治療薬として効果が期待されているレムデシビルですが、ネット上では「効果ない」「効かない」という声が散見されます。

レムデシビル、重症患者向けに優先配分

エボラ・ウィルスに効かない、RNA阻害工ウィルス薬が、
なぜ武漢ウィルスに効くのか、理由がわからないが。

仮に効果があるとしても、
RNA阻害薬は、重症者には効きずらいので、
効果ないと思いますね。

厚生省は、馬鹿者ぞろいで、腐ってますね・・?

レムデシビル

こんな薬を特例承認

ランセットではコロナウイルスには効果ないと出てたけど、
何で特例で承認?

自民党への献金目当て?

効かない薬や余った薬、果ては農薬まで、
様々な毒物を押しつけられる日本

国民の生命や健康なんて二の次💩

自国のアビガンはどうすんの?

レムデシビルが「効かない」と指摘されている理由は、中国での臨床試験が関係していると思われます。

実は、中国では240人の被験者を対象にレムデシビルの効果を検証しており、その結果が「効果なし」というものだったのです。

一方、
中国が英医学誌ランセットに発表した、
約240人を対象とした試験の結果では有効性が確認できなかった。

※「毎日新聞」より引用
(2020年4月30日配信)

一方、アメリカではレムデシビルを投与した被験者のうち、「50%以上の確率で改善が見られた」と報告されています。

投与開始後14日時点で臨床的改善が認められたのは

5日投与群で64.5%(129例/200例)、

10日投与群で53.8%(106例/197例)

だった(p=0.16)。

退院した割合は、

5日投与群で60.0%(120例/200例)、

10日投与群で52.3%(103例/197例)

で、両群ともに半数以上を占めた。

※「https://www.mixonline.jp」より引用
(2020年4月30日配信)

上記の通り、アメリカと中国ではレムデシビルの効果が正反対となっています。

確かに、このデータを見る限り、「レムデシビル=効かない」と解釈されても仕方ないでしょう。

ただ、中国で行われた臨床試験は途中で中止されていたのです。

ただ試験は、
予定した患者数を集めることができず途中で打ち切ったため

「効果の有無はさらに検証が必要だ」

としている。

※「毎日新聞」より引用
(2020年4月30日配信)

レムデシビルに関する中国のデータは不十分であるため、正確な検査結果ではないのです。

デメリット(副作用)や死亡例は?

これまでの臨床試験によると、レムデシビルには「肝機能障害」「腎機能障害」副作用が報告されています。

主な副作用がこちらです。

2.肝機能障害、下痢、皮疹、腎機能障害などの頻度が高く、
重篤な副作用として多臓器不全
敗血症性ショック
急性腎障害
低血圧が報告されている。

※「http://www.kansensho.or.jp」より引用

上記の通り、レムデシビルを投与されたことで「多臓器不全」や「敗血症ショック」などの”重篤”な副作用が生じる危険性があります。

もし、これらの副作用が生じた場合、死亡することも十分に考えられます。

事実、臨床試験では複数の死亡例が報告されているのです。

一方で、
(アメリカでの)死亡率

5日投与群で8%(16例)、

10日投与群で11%(21例

だった。

イタリアを除いた死亡率は、

7%(23例/320例)で、

投与開始14日後に臨床的改善を認めたのは
64%(205例/320例)で、
61%(196例/320例)が退院した。

※「https://www.mixonline.jp」より引用
(2020年4月30日配信)

上記の通り、レムデシビルの死亡率は10%程度と報告されています。

ただ、このデータには日本人の被験者は含まれていないため、日本での死亡例(率)は未知数です。

レムデシビルを検討する際は、メリット(効果)とデメリット(副作用)を慎重に吟味した上で投与の可否を決断することが大切です。

妊婦にも投与できる?

アビガンの副作用としては「奇形児が生まれる」という可能性が報告されています。

そのため、アビガンは「妊婦」「妊娠している可能性がある女性」には投与できません。

では、レムデシビルは妊婦に投与できるのでしょうか?

そこで、レムデシビルと妊婦の相関性を調べてみたものの、奇形児などの副作用は1件も報告されていませんでした。

各国の臨床試験でも妊婦への投与に関する警告は一切ないため、レムデシビルは妊婦にも投与できると言えそうです。

スポンサーリンク