【裁判官】達野ゆきの年齢+経歴↓顔画像は?

年齢や経歴などのプロフィール

こんにちは。ミライです。

今回は、裁判官を務める「達野ゆき」氏を取り上げます。

2020年5月15日、「佐賀新聞」が販売店に対して必要以上の新聞を強制的に仕入れさせていた問題で、裁判の判決が下りました。

この裁判の判決を言い渡したのは達野裁判長だったのです。

一体、「達野ゆき」裁判長とはどんな人物なのでしょうか?

佐賀新聞の「押し紙」裁判で販売店の店主が勝訴

佐賀新聞の仕入れ強制に関する裁判について「弁護士ドットコム」は次のように報じています。

新聞販売店の元店主が、
配達に必要な部数を大きく超える仕入れを強制される「押し紙」被害にあったとして、
佐賀新聞に約1億1500万円を求めていた裁判の判決が5月15日、佐賀地裁であった。

達野ゆき裁判長は、
佐賀新聞に優越的な地位を利用して
新聞の仕入れを強制させる独占禁止法違反(押し紙)があったことを認め、
約1070万円の支払いを命じた。

訴えていたのは、
吉野ヶ里販売店の元店主・寺崎昭博さん。

訴状によると、
同販売店では本来2500部弱あれば済むところ、
最大で500部を超える新聞を余分に仕入れていた。

(2020年5月15日配信)

上記の通り、達野裁判長は佐賀新聞の行為が独占禁止法に当たると判断し、原告に対して約1,000万円の支払いを命じました。

ただ、被告である佐賀新聞のコメントは掲載されていないため、控訴するのかまでは不明です。

もし、佐賀新聞が控訴すれば、争いの舞台は高裁へと移行します。

世間の反応

一部3千円だとすると、月150万円に。

これは、販売店が毎月負担するとなれば、
そもそも商いが成り立たないのでは。

全ての商業紙を、調査するべきだ。

佐賀新聞は、
報道機関としての役割を担う資格無し。

いつから、どれくらいの規模でやってきたのか、
その弁済をどうするか?

また、責任の所在と、責任の取り方。

これらがきちんと報告されるまで、
新聞制作、発行を停止すべき。

興味深い法例ですね。

これを機に全国の新聞販売店も実情を明らかにしてみては?

また、ホテルや図書館など、
新聞を押し付けられている施設にとっても
不要なコストを削減できる良い機会になると思います。

昔は一般家庭にもしつこかったな。

ウチの近所では近頃ないけど。

その分販売店に行ってるのか。

全国的に調査すべきだな。

達野ゆき裁判官の画像や年齢は?

達野裁判官とはどんな人物なのでしょうか?

そこで、彼女の顔写真を調べてみたものの、素顔は公表されておらず不明でした。

これまでの報道でも達野裁判官が写った映像は確認されていません。

ただ、年齢については47歳であることが判明しました。
(2020年5月現在)

達野裁判長の生年月日がこちらです。

50期 達野ゆき
1972年12月26日 44歳

2015年4月1日
神戸地裁6民判事(労働部)
( 名古屋高裁1民判事 )

※「弁護士 山中理司(大阪弁護士会所属)のHP」より引用

2020年現在では佐賀地裁の裁判長を務めていますが、2015年当時は神戸地裁に所属していたようです。

主な担当事件や経歴

詳しい経歴公開されておらず不明ですが、主な担当事件としては次のようなものが存在していました。

佐賀地判R1.6.14 
互助会契約解約条項差止請求事件

佐賀地判H31.1.25 
退学処分無効確認等請求事件

佐賀地判H30.8.27 
アスベスト工場国家賠償請求事件

※「https://judge.memo.wiki/」より引用

スポンサーリンク