【裁判官】堀内満の画像+経歴あり

年齢や経歴などのプロフィール

こんにちは。ミライです。

2020年3月12日、実の娘に暴行を加えた容疑で逮捕・起訴された被告(50歳)の第二審判決が言い渡されました。

1審では”無罪”が言い渡されていた被告ですが、2審では”逆転有罪”が下され世間の注目を集めています。

この逆転有罪を言い渡したのが、堀内 満裁判長です。

一体、堀内 満裁判長とはどんな人物なのでしょうか?

実の娘に暴行した父親に逆転有罪の判決

今回の逆転有罪について「毎日新聞」は次のように報じています。

2017年に愛知県で当時19歳の実の娘に暴行をしたとして、
起訴された男性被告(50)の控訴審判決で、
名古屋高裁(堀内満裁判長)は12日、
無罪とした1審・名古屋地裁判決(19年3月)を破棄し、
懲役10年を言い渡した。

事件を巡っては同月に類似の無罪判決が相次いだため、
類似事件の被害者らで作る団体が国に刑法改正を求める署名を提出、
デモ活動も各地で広がり、
高裁の判断が注目されていた。

1審は、虐待を拒めた経験などもあるとして

「被告の意向に全く逆らえない状態とは言えない。
抗拒不能とは認められない」

と無罪判決(求刑・懲役10年)。

検察側は

「1審判決は従来の裁判例と比較すると、
抗拒不能を限定的に捉え誤っている」

と控訴していた。

(2020年3月12日配信)

上記の通り、今回の裁判では被害者が「抗拒不能」の状態にあったかが争点になっていました。

1審理では、被害者が父親を拒絶した事実を挙げ、「抗拒不能の状態にあったとは言えない」として被告に無罪を言い渡していました。

しかし、今回の2審理では被害者の抗拒不能が認定されたため、一転して有罪判決が下されたというわけです。

世間の反応

一審目は無罪だったが、二審目は逆転有罪。

たったの6時間の出来事。

やったね!

フラワーデモが立ち上がったお陰か?

日本の裁判は理解不可能な事ばかりで。

懲役10年は短過ぎる。

自分を守れるのは自分しかいないと強く認識しないといけなくなったね。

やっとか・・・

これが無罪になるような国では恥ずかし過ぎる

『抵抗し拒めた時期もあった』

って、虐待が続くことによって、
拒む意思というか拒む力というかが徐々に奪われていくってことを、
一審の裁判官は理解してなかったってことですね。

さすがに高裁の判断がまともで良かったです。

堀内 満の画像+経歴

今回の逆転有罪の判決に関して、ネット上では賞賛の声が多数上がっています。

逆転有罪を言い渡した堀内裁判長の画像および経歴がこちらです。

10 39期 堀内満
1956年11月16日 62歳

慶応大

名古屋高裁1刑部総括
( 盛岡地家裁所長 )

※「弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)のブログ」より引用
(2019年8月12日公開)

H31.4.1 ~
名古屋高裁1刑部総括

H29.6.5 ~H31.3.31
盛岡地家裁所長

H21.4.1 ~ H29.6.4
名古屋地裁3刑部総括

H17.4.1 ~ H21.3.31
金沢地裁第3部部総括

H15.4.1 ~ H17.3.31
名古屋高裁2刑判事

H12.4.1 ~ H15.3.31
名古屋地裁判事

H10.4.1 ~ H12.3.31
名古屋地家裁岡崎支部判事

H9.4.10 ~ H10.3.31
富山地家裁判事

H7.3.24 ~ H9.4.9
富山地家裁判事補

H5.4.1 ~ H7.3.23
東京地裁判事補

H4.4.1 ~ H5.3.31
富士通(研修)

H4.3.23 ~ H4.3.31
東京地裁判事補

H1.4.1 ~ H4.3.22
大阪家裁判事補

S62.4.10 ~ H1.3.31
浦和地裁判事補

※「弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)のブログ」より引用
(2019年2月23日公開)

上記の通り、堀内裁判長は浦和地裁の”判事補”としてキャリアをスタートさせました。

2021年11月には退官を予定しており、同月をもって司法の世界から退きます。

スポンサーリンク