【200 PAPER MASKS】マスクイラストの通販サイトや業者はどこ?

実家や自宅・お店が気になる

こんにちは。ミライです。

新型コロナウイルスによる感染拡大が続く中、依然としてマスクの供給は追いついていません。

この状況に便乗して、巷では悪質な手法も横行しており、マスクに関する様々なトラブルが多発しています。

その一例が「上毛新聞社」で取り上げられ、世間の注目を集めています。

一体、どんな手法が確認されたのでしょうか?

大手通販サイトでマスクを購入したら「マスクのイラスト」が送られてきた

マスクに関するトラブルについて上毛新聞社は次のように報じています。

前橋市の女性(57)はインターネットの大手通販サイトを通じて「使い捨てマスク」を購入したところ、
届いたのはマスクのイラストを印刷したノートほどの大きさの冊子だった。

女性は今月5日、
添えられたマスクの写真と「200 PAPER MASKS(ペーパー・マスク)」の文字を見て、
1箱200枚入りのマスクと信じた

1点1539円(税込み)とあり、
すぐに2点を注文した。

数日後に届いた“商品”は、
200ページにわたってマスクのイラストが印刷された冊子

「だまされた」。

返品手続きをしたが、
返金額は1点につき1039円になるという。
 
「大手のサイトだから安心だと思った」

と悔やむ。

店頭に並んでもマスクを買えず、備蓄は底を突いた。

別の通販サイトで注文したが、入荷は未定だ。

しばらくは手作りマスクでしのぐという。

(2020年4月18日配信)

上記の通り、この女性は大手通販サイトで「マスク」を購入したところ、自宅に届いたのは「マスクのイラスト」だったのです。

実際に出品されていた商品(マスクのイラスト)がこちらです。

確かに、この画像だけを見れば、「マスク200枚」が出品されていると誤解してしまうでしょう。

一体、このマスクのイラストはどこの通販サイトで売られているのでしょうか?

世間の反応

詐欺にあった人から物品を買い上げて、
代わりに業者を調べあげて罰するような仕事人が欲しい。

これよりはましだけど散々マスクを売るように書いておいて
よく見たらシートと分かりにくく書いてる所も有るから
よく気を付けないとね

一瞬笑ってしまいましたが
これは酷いしそんなイラスト要らない。

ふざけてるし、即逮捕して欲しい

店名とHPアドレスを公開してほしい。

悪徳以外何ものでもない。

消費者庁が甘すぎる。

もっと厳格な対応(法整備も含めて)お願いしたい。

200 PAPER MASKSの販売サイトはどこ?業者は?

問題のイラスト集は「200 PAPER MASKS」という名前で出品されていたようです。

そこで、この出品名を元に問題のイラスト集を調べたところ、Amazonで売られていたことが確認されたのです。

上記の通り、現在は「在庫切れ」となっているため、購入することはできません。

この報道を見た人間は、わざわざマスクのイラスト集など購入しないでしょう。

しかし、この一件を知らない人間からすれば、「200枚入りマスク」と勘違いして購入してしまう可能性は十分にあります。

ちなみに、このイラスト集は販売していた業者は「Creative Art Book」という名義で登録されていました。

ただ、Creative Art Bookの名前で検索しても、販売業者の実態を把握することはできませんでした。

詐欺罪に問える?

マスクと見せかけて、マスクのイラスト集を販売するという手法は悪質と言わざるを得ません。

Amazonのレビューにも批判の声が投稿されていました。

コロナで大変な地球上で、
こんな紛らわしい商品ががでていました。

慌てて発注しましたが、
着いたら唯の本

100ページにマスクの印刷???

この事態の時に出品はまずいと思います

結果、返品しても送料のみアマゾンに吸い取られました。

これは悪どいと思います

コロナを理由に商売をしないでくださいさい。

☆1つも出せませんが、
入れないと送信されませんので、
1つだけ入れますが、本当は0です

怒りのみです

200ページの印刷されたマスクが届いた。

この時期に、
この商品をAmazon主導で販売するのか?

馬鹿にするにも程がある!!

※「https://www.amazon.co.jp」より引用

ネット上では「詐欺で逮捕しろ」という声も上がっていますが、現実問題として逮捕は難しいと思われます。

なぜなら、問題の商品には「200 Pages, 200 Masks.」と明記されているからです。

確かに、マスクが品薄になっている状況下で、このような販売手法はモラルを欠いていると言わざるを得ません。

しかしながら、商品名に「200 Pages」と明記されている以上、これが「本」であることは明白です。

詐欺罪で立件するためには、販売者側に「最初から騙す意図」があったことを証明する必要があります。

今回のケースでは、商品名に「200 Pages」と記載されていることから、詐欺には該当せず、購入者側の落ち度と判断されると思われます。

スポンサーリンク