【死去】野村克也の死因(病名)は?車椅子の理由も

あの人の訃報や病気

こんにちは。ミライです。

今回は、元プロ野球選手として活躍した野村克也さんを取り上げます。

2020年2月11日、野村さんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

野村克也が死去

野村さんの死去について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

ヤクルト、阪神などで監督を務めた野村克也さんが死去した。

84歳

(2020年2月11日配信)

上記の通り、野村さんは84歳で死去されました。

彼の訃報は”速報”で伝えられたため、死因や病気に関する記述はありません。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

奥さん亡くされてから傍目から見てもひどく気落ちされていましたね。

でも、こんなに早く逝ってしまわれるとは思いもしませんでした。

とても残念です。

豊富なご経験と鋭い洞察力からくる解説は非常に聞き応えのあるもので、
また聞きたかった。。。

選手としても監督しても活躍し、ユーモアもあった。

ご意見番としてもっと姿をみたかった。

沙知代さんに会えますように。

先の金田正一氏の葬儀でも車椅子姿だったし
サッチーが亡くなって一気に元気がなくなってしまった感がある

津川雅彦さんも朝丘雪路さんが亡くなった後
後を追うようにすぐ亡くなってしまったが
この人も同じなんだろうな

死因の病名は?

現在のところ、どのメディアも野村さんの死因については言及していません。

そのため、死因や病気(病名)の詳細は不明です。

ただ、野村さんは2014年にも入院しており、その時は20kgも痩せていたのです。

「NEWSポストセブン」によると、当時の病名は「解離性大動脈瘤」だったようです。

「入院して検査をした結果、
解離性大動脈瘤だったと聞いています」

解離性大動脈瘤とは、
簡単に破れないように内膜、中膜、外膜からなる三層構造をしている血管のうち、
中膜が弱くなって血流が入り込み、
コブができる症状。

大動脈が破裂する危険性もはらんでいる、
危険な心臓疾患なのである。

(2014年12月16日配信)

ただ、この時のと死因が関係しているのかは不明です。

野村さんの死因については新しい情報が入り次第、追記します。

死因は虚血性心不全

その後の発表により、野村さんの死因が「虚血性心不全」であることが分かりました。

楽天は11日、
野村克也さんが午前3時半に虚血性心不全で死去したと発表した。

※「スポニチアネックス」より引用

報道によると、野村さんは自宅の浴槽でグッタリしているところを家政婦に発見され病院に緊急搬送されましたが、死亡が確認されたようです。

入浴中に突然死していることから、野村さんは「ヒートショック」に襲われたと思われます。

車椅子の理由は?

晩年の野村さんは車椅子で表メディアに登場するようになりました。

彼が車椅子の姿になったことで、世間では「重病説」「下半身不随説」などが浮上。

しかし、彼が車椅子になった理由は、単に「足腰が衰えたから」というものでした。

その証拠に、2019年7月11日に行われた試合では、野村さん自らがバッターボックスに立つというパフォーマンスを行っています。

そのため、「車椅子=重病(下半身不随)」は誤りです。

スポンサーリンク