【ダレノガレ明美】AERA:薬記事の記者(朝日)は誰?名前は?

世間の噂や○○説

こんにちは。ミライです。

今回は、モデルおよびタレントのダレノガレ明美さんを取り上げます。

2020年5月5日、「朝日新聞出版」が運営するニュースサイト「AERA.dot」に”セレブタレント”の薬物疑惑が掲載されました。

このセレブタレントは”A”というイニシャルで表記されていましたが、この人物の特徴がダレノガレさんの”それ”と酷似していたのです。

そのため、ダレノガレさんは朝日新聞社の編集部に警告文を含む内容証明を送付。

記事が掲載された経緯の説明と内容の訂正を求めており、これが実行されない場合は法的措置も辞さない構えを見せています。

そんな中、問題の記事を書いた記者から謝罪文が送られてきたことが報じられ世間の注目を集めています。

一体、AERA dot.に薬物疑惑の記事を書いた記者は誰なのでしょうか?

ダレノガレ明美に抗議されたAERAの記者から謝罪文が送付される

AERA dot.の記者から謝罪文が届いたことについて「デイリー」は次のように報じています。

タレントのダレノガレ明美が13日、
ツイッターを更新し、
自身の薬物疑惑を報じた記者から謝罪が来たことから
和解したと報告し

「この方を攻撃するのはやめて下さい!」

とよびかけた。

ダレノガレは一部ネット記事で薬物を使用しているかのように報じられ激怒。

報じた社へ内容証明警告文を送付し、
謝罪文掲載を要求していた。

その後も身の潔白を証明するとして、
毛髪検査も受けたことも報告していた。

この日「お知らせです」と切り出し

「今回の記事の元になっていたんじゃないかと
ネットニュースにされていた方から自ら謝罪がきました」

と報告。

相手方の了承も取った上で、
謝罪連絡のやりとりの文も公開し

「一部誤解もあったようで」

と納得。

そして

「こちらは沢山話し和解したので
この方を攻撃するのはやめてください!」

と、記者への誹謗(ひぼう)中傷はやめてほしいと呼び掛けていた。

(2020年5月13日配信)

上記の通り、記者からの謝罪はTwitterを経由して届いたようです。

既にAERA dot.の記者とは和解しており、ダレノガレさんもこの記者への誹謗中傷は一切望んでいないとのこと。

ただ、この記者は誰なのでしょうか?

世間の反応

ひとまず良かったやん。

でもこの記者はもっと余罪が有る確信犯だと思う。

良かったですね。

せっかく検査もしましたし、
警察の方にも知らしめるべく
検査結果を公表したらいかがでしょうか?

有無をいわせないためにも。

芸能人一斉に検査したらいいと思います。

書いた記事に対して相応の責任を取るべきじゃないの?

いい加減な記事を量産してる記者、
それを掲載する週刊誌、

「嘘を書いたって売れりゃいい。」

ってスタンスだよね?

なら、
嘘を書いた場合は売れても回収できないほどの罰金を課すなり、
損害賠償時に雑誌の売り上げの利益の倍額くらいは払わせるべき。

売れたら損害賠償請求されても黒字なんじゃ、
絶対にこういうのは減らないだろうし、やめない。

デイリーの報道は誤報!記者は未だ謝罪してなかった

ダレノガレさんに薬物疑惑を着せた記者について調べるべく、彼女のTwitterを調査したところ、驚くべき事実が発覚しました。

実は、薬物疑惑を書いた記者は未だに謝罪をしていなかったのです。

上記の通り、ダレノガレさんに直接謝罪をしたのは、記者ではなく、その記者がネタにした”ネタ元”の女性だったのです。

ネタ元の女性から届いた謝罪がこちらです。

ネタ元の女性によると、彼女本人は薬物疑惑に関して「ダレノガレ明美」の個人名は一切出していないとのこと。

しかし、彼女の話した内容が誤解されたことで、「ダレノガレ明美=薬物疑惑」という記事が掲載されてしまったようです。

この女性が誰であるのかまでは明らかにされていませんが、AERA dot.の記事を書いた記者は謝罪していないことは事実です。

つまり、冒頭で引用したデイリーの記事は”誤報”だったというわけです。

薬の記事を書いた記者は誰?名前は?

ダレノガレさんに薬物疑惑を着せたAERA dot.の記者は誰なのでしょうか?

そこで、この記者について調べてみましたが、素性(名前・年齢・顔写真)が特定されたという情報は一切ありませんでした。

問題の記事にも記者の署名はなかったため、匿名で公開されていたようです。

この記者について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク