【安倍晋三×星野源】アベノコラボ発案者:内閣官房の面々は誰?

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

2020年4月12日、安倍総理が自身のTwitterに投稿した動画が炎上しています。

問題の動画がこちらです。

この動画では、星野 源さんの曲「うちで踊ろう」と”コラボ”する安倍総理の姿が映されています。

動画のメッセージとしては「自宅にいることの大切さ」を訴えたものでしたが、新型コロナウイルスを巡る安倍政権の対応があまりにも杜撰なため、「何様のつもりだ」と炎上。

今回の動画を巡っては”身内”からも批判の声が上がっており、内閣支持率の急落は避けられないものとなっています。

一体、この企画を発案したのは誰なのでしょうか?

安倍晋三と星野源のアベノコラボが炎上

アベノコラボに対する批判について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

ネット上では

「くっそシュール」

「地獄の安倍政権は使えるものはなんでも使うんだね」

など批判の声が相次いだ。

立憲民主党の蓮舫副代表はツイッターで

「ご本人のお考えだとすれば、
なぜ誰も止めなかったのか。

側近と言われる方々の発案だとすれば、

“これはおかしい”

と何故総理は言わなかったのか」

と指摘。

安直すぎる内閣官房と首相のコラボをあぶり出すような内容だ。

ネットでは他にも

「空気読めないコラボでお茶を濁す前に、
とっとと休業補償するべき」

などと個別補償に応じない政府への反発が広がった。

(2020年4月13日配信)

問題のアベノコラボについては”身内”である自民党内からも批判の声が上がっています。

真っ先に安倍総理を批判したのは細野豪志(ごうし)議員でした。

自民党二階派に入会し、
与党側にいるはずの細野豪志元環境相まで

「それどころじゃない人もいる。

なぜ星野源さんと一緒なんだ。

総理と違って狭い家だとストレスがたまるなど突っ込みどころ満載

と筆を滑らせた。

※「日刊スポーツ」より引用
(2020年4月12日配信)

この他にも数々の著名人が批判の声を上げ、その中には「無神経」と断罪する人間もいました。

世間の反応

今回の事でこの人はリーダーには不向きだと良くわかりました。

国が抱える問題を解決するリーダーシップは持ち合わせていないと。

各都道府県の知事が良い手本を示してくれました。

賛否、、、、という表現の報道が多かったけど、
やっと「批判殺到」と書いてくれたか。

そして、
周りの人間は誰も彼を止めることができないことが今更ながらによくわかった。

もちろん、
こんなくだらないことを企み、
喜ぶのは安倍昭恵しかいない。

最初から見た時、
アンチの煽りから動画かと思ったらまさかの本人アカウントからの投稿で驚愕した。

これ、おかしいと思わなかったのかな?

これが真面目に捉えられると思ったのならまともな感覚じゃないよ。

広告代理店のテコ入れ入ってそうなきもするけど。

発案者:内閣官房の面々とは誰?名前は?

「無神経」「正気の沙汰ではない」などと酷評されているアベノコラボですが、この企画の発案者は誰なのでしょうか?

そこで、この企画を考えた人間について調べたところ、以下の情報が確認されたのです。

実はこの“アベノコラボ”、
不評を買った布製マスクを全世帯に配布する“アベノマスク”に続き
子飼いの内閣官房の面々が発案したもの。

首相が言われるがまま行動していることに自民党内からは

「総理の判断力は本当に大丈夫なのか?」

と心配する声が上がっている。

※「スポニチアネックス」より引用
(2020年4月13日配信)

上記の通り、アベノコラボを発案した人間は「アベノマスク」の考案者と同じ人物だったのです。

ただ、報道では「内閣官房の”面々”」と”複数の人間”が関与していることが示唆されています。

さすがに全員の名前までは分かりませんが、アベノマスクの指揮を執った人間の1人は今井尚哉(たかや)氏であることは既に報じられています。

今井氏は経済官僚で、安倍総理の”ブレーン”と言われるほどの権力者です。

スポンサーリンク