【倉木麻衣の父親】山前五十洋の若い頃や絶縁理由

あの人の今現在や昔(若い頃)は?

こんにちは。ミライです。

今回は、映画監督および実業家と活躍する山前 五十洋(やまさき いそみ)さんを取り上げます。

若い頃は俳優として活動していた時期もあり、端正なルックスから女性人気が高かったことが窺えます。

■若い頃の写真

※「http://www.zakzak.co.jp」より引用

倉木麻衣さんの父親としても知られる彼ですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

倉木麻衣の父親:山前五十洋が死去

五十洋さんの死去について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

歌手の倉木麻衣(37)の父・山前五十洋さんが5日、
心不全のため亡くなった。

76歳。

山前さんは2000年3月に倉木の母と離婚。

その数年前に家を出ていたが、
倉木のデビュー後、父親を名乗りメディアに出演。

同年11月に、
倉木の幼少期のビデオを発売したが販売を差し止められ著書を発売。

01年には離婚届の無効を訴え提訴したほか、
××××ビデオ会社を設立し騒動となった。

倉木は

「いろんなことがありましたが、
近年はライブを見に来ていただき、
差し入れなど入れていただいた。

ただただ残念でショック」

とコメントした。

(2020年4月8日配信)

上記の通り、死因は「心不全」でした。

五十洋さんは自身が引きこしたトラブルにより、娘の倉木さんと15年以上も絶縁状態が続いていました。

絶縁状態となった理由は複数ありますが、”ある事件”が決定打となり、2人の関係は急速に悪化することになったのです。

世間の反応

亡くなったので悪口はいけないけれど…
娘を思いやる父親の行動ではなかった。

亡くなった今は 
安堵と父との少しの優しい思い出を回想し悲しんでいるのかな…

倉木さん応援しています。

お父様の御冥福をお祈り申し上げます。

倉木麻衣さんお疲れ様でした

稀に親の中に子供に行ってきた事を一切合切忘れる阿呆が存在しているんですよね 

悲しいけど乗り越えて下さいね、

今後ともに応援します。

親の死に対して敬語……。

倉木麻衣の知性と冷静さを感じる。

彼女の優しさと常識を持ってしても納得できないようなオヤジだね。

倉木麻衣との絶縁理由とは?

五十洋さんが倉木さんと絶縁することになった最大の理由は、娘そっくりの”××女優”をプロデュースしたことでした。

その女優は「くらもと まい」(倉本麻衣)という名前で2001年にデビュー。

当時の画像がこちらです。

しかし、倉木さん本人や事務所が許可するはずもなく、「くらもと まい」名義の作品は”封印”されてしまったのです。

実の娘をパロディにした作品をプロデュースしたことがきっかけとなり、倉木さんは父親に絶縁状を突き付けたというわけです。

「くらもとまい」の今現在は?

”倉木麻衣のそっくりさん”として一躍有名となった「くらもと」さんですが、現在は何をしているのでしょうか?

そこで、彼女の今について調べたところ、2016年の情報が確認されました。

「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じたところによると、当時の彼女は芸能界の”再々デビュー”を計画していました。

「07年2月から池袋でやってた『くらもとまいの部屋』は去年(2015年)の11月15日に閉店しちゃって、
今は芸能界再々デビューを目指してるところ。」

「芸能界って二足のわらじを履いて、
両方とも成功するなんて甘い世界じゃないでしょ。

そう、気持ちは背水の陣ね」

池袋駅西口のカフェで会ったくらもとさん、
こう言ってほほ笑んだ。

(2016年2月8日配信)

ただ、2020年現在においても表立った活動は確認されていません。

スポンサーリンク