【経歴】薬剤師:宇多川久美子は怪しい?

年齢や経歴などのプロフィール

こんにちは。ミライです。

今回は、薬剤師および講演家として活動する宇多川 久美子さんを取り上げます。

「薬剤師は薬を飲まない」の著書で知られる彼女ですが、「女性自身」に寄稿した記事を巡り炎上しています。

一体、彼女はどんな記事を書いたのでしょうか?

薬剤師:宇多川 久美子の記事が炎上

炎上している宇多川さんの記事について「ガジェット通信」は次のように報じています。

週刊誌『女性自身』3月24・31日合併号に掲載された記事が

『医師が提言する「いまやめるべき薬」、ウイルスに備えるために』

と題されて2020年3月18日にWebに掲載され、
Yahoo!ニュースなどポータルサイトにも配信。

薬剤師の宇多川久美子氏に話を聞き、
胃薬・抗生物質・鎮痛剤・解熱剤・ステロイドが「やめるべき薬」として挙げられるという内容ですが、
ネットで批判が殺到

『女性自身』のWebサイトや配信先から削除される事態となりました。

(2020年3月19日配信)

上記の通り、炎上の理由は、新型コロナウイルスに備えて「やめるべき薬」を掲載したことでした。

問題の記事がこちらです。

宇多川さんが「やめるべき薬」と主張した理由については以下の通りです。

「風邪やウイルス感染には、
抗生物質を飲んでも効きません

それどころか、
抗生物質は腸内殺菌を殺す働きをしますから、
腸のバランスをくずし、
免疫力を下げることになります。

胃薬と同様、
いちばん避けたい薬です」

「ウイルスは熱に弱いため、
私たちは体温を上げることでこれと闘います。

あまりに体がつらければ医療機関での診察が必要ですが、
我慢できる範囲であれば、
解熱剤使用を控えてください。

※「ガジェット通信」より引用

専門知識がない我々からすれば、薬剤師の彼女の主張が「正しい」と信じてしまいます。

しかし、医療現場の最前線で働いている萩野 昇医師はこの言説を真っ向から否定しているのです。

萩野医師以外にも”複数”の医師が宇多川さんの言説に対して懐疑的な声を上げており、その信憑性には多くの疑問が残っています。

世間の反応

削除されたこの記事を書いたのが、
薬剤師の宇多川久美子氏なのね((T_T))

前から問題ばかりの方です。

真面目に働く薬剤師がおかしな目で見られてしまう。

ほんと、迷惑。

自己免疫疾患等でステロイド長期内服している人が
この記事を真に受けて休薬したら
普通に副腎不全で死亡するんですけど

宇多川久美子氏という薬剤師の記事だったようだが、
記事が削除されていた。

リプライのやりとりを見ていると
かなりあやしい人ぽいので以後注意したい。

医師からの評判は怪しい?

新型コロナウイルスに備えて「やめるべき薬」を提言した宇多川さんですが、彼女の主張は信じられるのでしょうか?

そこで、彼女について調べてみると、医師からの評判は「怪しい」というものばかりだったのです。

その一例として、五本木クリニックで院長を務めている「桑満 おさむ」医師は、自身のブログで「トンデモ薬剤師」と酷評していました。

宇多川さんの理論は

ニセ医学の定番「酵素栄養学」「ナチュラルハイジーン」が中心となっている

ために、
正当な医学を学んだ人間には理解不可能なものになっているのです。

※「https://www.gohongi-clinic.com」より引用
(2016年8月31日公開)

ニセ医学と断罪された「酵素栄養学」および「ナチュラルハイジーン」について、桑満医師は次のように解説しています。

酵素栄養学とは?

薬を飲まない薬剤師さんである宇多川久美子さんの信奉している医学理論は「酵素栄養学」というトンデモさん系医療関係者が大好きなニセ医学です。

この酵素栄養学は鶴見隆史という医師が日本では権威とされていますが、
研究内容はあくまで読み物であり、
論文ベースのものは見受けられません。

ナチュラルハイジーンとは?

健康や長寿はある規則性があり、
それに従った生活を送れば健康で長生きになれるとの考えです。

この考え方を広めたのが
「フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には『不滅の原則』があった! 」と思われます。

上記の通り、宇多川さんが信奉する酵素栄養学およびナチュラルハイジーンには医学的根拠が全くないのです。

そのため、医師たちからは「怪しい」という声が多数上がる事態となっているというわけです。

また、宇多川さんについては「マルチ商法」(ネットワークビジネス)との関係を指摘する声も上がっていました。

この情報を元にマルチ商法との関係を調べたところ、確かに「ドテラジャパン」の講演会に登壇していた事実が確認されたのです。

昨日は、西麻布にあるドテラジャパン
ダイヤモンドクラブレコグニションというものに参加してきました。

今進行中の第8回ダイヤモンドクラブに
参加されてる
薬を使わない薬剤師 宇田川久美子さんのお言葉が
とっても印象的だった!

※「https://ameblo.jp/pecomy-hm/entry-12445147061.html」より引用
(2020年3月7日公開)

マルチ商法は違法ではありませんが、その勧誘方法が原因で国内では評判が良くありません。

宇多川さんを「トンデモ薬剤師」と酷評した桑満医師も、自身のブログで彼女の行動に疑問を呈していました。

しかし、
ニセ医学にどっぷりハマっているようにしか見えませんし、
限りなく宗教じみた活動セミナーになっていることが心配です。

経歴は?

宇多川さんの経歴がこちらです。

■職歴・経歴
【履歴】
1959年02月 
千葉県生まれ

1982年03月 
明治薬科大学 薬学部 卒業

2003年06月 
有限会社ユアケー設立

2010年11月 
一般社団法人 国際感食協会 設立

■現職
有限会社ユアケー 代表取締役

一般社団法人 国際感食協会 代表理事

※「株式会社システムブレーン」より引用

スポンサーリンク