【コロナ】郡山女子大学:女性教授は誰?名前や学部は?

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

2020年3月14日、郡山女子大学の女性教授(70代)が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになりました。

この女性教授は大学側に無断でエジプト旅行に出かけており、帰国後に感染が発覚したということです。

一体、この女性教授(70代)は誰なのでしょうか?

郡山女子大学の女性教授がコロナに感染

新型コロナウイルスに感染した女性教授について「福島中央テレビ」は次のように報じています。

福島県内で2例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認された。

感染が確認されたのは郡山市の郡山女子大学に勤務する70代の女性で、
14日に福島県衛生研究所が行った検査で「陽性」となった。

福島県によると
この女性は2月21日から3月1日までツアー旅行でエジプトを訪れ、
2月24日から4日間はナイル川のクルーズ船を利用していた。

帰国後3月4日から大学に出勤したが、
9日に37.7度の発熱があり、
その後、
咳などの症状が続いたため
13日に帰国者・接触者相談センターに連絡。

女性は大学に出勤する際は徒歩通勤でマスクを着用していた。

大学では管理職で学生らへの接触は少なかったという。

また、
3月10日に近所の大型店舗で30分程度買い物をしたが、
その際もマスクを着用していた。

女性は現在入院中で、症状は軽症。

郡山市保健所で濃厚接触者の有無を調べている。

(2020年3月14日配信)

上記の通り、この女性教授は既に入院しており、症状は軽症とのこと。

しかし、大学側は感染者が出たことで卒業式の中止を発表しました。

そのため、世間では女性教授に対して批判の声が殺到する事態となっています。

世間の反応

なぜこの時期に外国に行くのか、
大学教員ならば、
学生との接触を考えて行動をセイブするぐらいは当たり前だと思う。

大学に入学を控えた学生さんのご家族は心配でしょう

指導する立場の方が旅行は、考えられません

海外の旅行は控えた方がいいと思います

以前から予約していてキャンセルする訳にもいかなかったのか
自分とは無縁の事だと高を括っていたのか
日程的に見ても
危機感の無さを非難されるのは当然ですね。

市民、県民の不安を払拭する為にも情報の提供、共有は必至です。

女性教授(70代)は誰?名前(実名)や学部は?

身勝手な行動でコロナウイルスに感染した女性教授は誰なのでしょうか?

現在のところ、どのメディアも女性教授の名前(実名)は明らかにされていません。

そこで、郡山女子大学のHPを調べたところ、2名の女性教授が確認されたのです。

しかし、いずれの女性教授も年齢が一致しないため、コロナに感染した教授とは別人でした。

■熊田伸子 教授

■廣野正子 教授

問題の教授は70代であるため、「1950年代生まれ」であることが確定しています。

上記以外では、以下の2名の教授が確認されていますが、外見的に70代ではないため、コロナに感染した教授ではありません。

■難波めぐみ 教授

■阿部 恵利子 教授

現在の時点では「女性教授」「70代」という情報しか公開されていないため、特定には至っていません。

ただ、担当する学部が明らかになれば、特定されるのも時間の問題だと思われます。

スポンサーリンク