【コロナ】沖縄の10代女性は誰?名前+学校の特定は?

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

新型コロナウイルスの影響で休校中にも拘わらず家族と共にスペインを旅行し、帰国後の検査結果を待たずに沖縄に帰った家族に批判の声が殺到する事態となっています。

世界中でウイルスの封じ込めに注力している中、この家族の行動はあまりにも非常識と言えます。

さらに、検査の結果、10代女性から”陽性反応”が検出されたのです。

一体、新型コロナウイルスに感染した10代女性とは誰なのでしょうか?

コロナ陽性:10代女性と家族が無断で沖縄に帰宅

帰国後の検査結果を待たずに帰宅した家族について「東スポWeb」は次のように報じています。

スペインから20日に帰国した沖縄県の10代女性が新型コロナウイルスに感染していたケースが物議を醸している。

女性は20日に成田空港に着きPCR検査を受け、
検疫所から結果が出るまで待機してほしいという要請があったのにもかかわらず、
同行の家族らと沖縄へ帰ってしまっていた。

信じがたいことだが、
世界中が混乱する状況でも危機意識の低い人はいるという。

10代女性は休校期間を利用し、
家族や親戚計4人とともに13日にスペイン・マドリードへ。

20日に帰国して成田空港の検疫所で検査を受け、
待機要請がありながらも同日中に沖縄に戻り、
翌21日に感染が判明した。

ほかの家族や濃厚接触者は陰性だった。

(2020年3月23日配信)

現在のところ、陽性反応が確認されたのは10代女性のみであり、他の家族は”陰性”でした。

しかし、旅行中は常に行動を共にしていることから、他の家族も感染していると見た方がいいでしょう。

一体、この無神経な家族は誰なのでしょうか?

世間の反応

臨時休校の最中に海外旅行をし、
検査結果が出るまでの待機要請を無視して、
家族で飛行機での国内移動を・・・

本人を含め、家族が批難されても、当然でしょうね・・・

検査結果を待たずに無視して飛行機で帰宅。

挙句に感染で経路に当たった航空会社や空港や交通機関の追跡と消毒で、
どれだけ迷惑かけると思ってるんだ?

家族親戚一同が常識なさすぎて呆れますね。

休校期間中に海外旅行して、
帰りの空港で待機要請無視して帰るなんて。

これ、
濃厚接触者が陰性だったからいいとかいう問題じゃないし、
学校や名前を公表してもいいと思う。

沖縄の10代女性は誰?名前や学校の特定は?

新型コロナウイルスへの感染が確認された10代女性は、指定医療機関に入院しているようです。

一体、この女性は誰なのでしょうか?

そこで、10代女性について調べたところ、沖縄県の「中部」に住んでいることが分かりました。

沖縄県は21日、
中部保健所管内に在住する女性(10代、高校生以下の学生)が新型コロナウイルスの検査で「陽性」と判断されたと発表した。

※「宮古毎日新聞」より引用
(2020年3月22日配信)

そこで、中部保健所が管轄する地域を調べたところ、以下の11市町村であることが判明したのです。

※「厚生労働省」より引用

沖縄県 中部の市町村

(1)宜野湾市

(2)沖縄市

(3)うるま市

(4)国頭郡 恩納村

(5)国頭郡 宜野座村

(6)国頭郡 金武町

(7)国頭郡 読谷村

(8)国頭郡 嘉手納町

(9)国頭郡 北谷町

(10)国頭郡 北中城村

(11)国頭郡 中城村

ただ、現在の情報だけで絞り込めたのは上記のみで、名前や学校などの特定には至っていません。

追記

10代女性は中学生との情報あり。

読者様より「10代女性=中学生」との情報を頂きました。

ゆう様

とりあえず、
女子は中学生お兄ちゃんが高校生とのことです。
(きょうだい3名で行ったらしいですが、もう一人については不明)

貴重な情報をありがとうございました。

検疫法違反になる可能性も

検査結果を待たずに帰宅した家族ですが、厚生労働省は「検疫法」に違反する可能性を指摘ました。

厚生労働省は23日、
検査中に成田空港を離れた一行の行動について

「検査自体を拒んだとも解釈できる」

と述べ、
検疫法に抵触する可能性があるとした。

※「琉球新報」より引用
(2020年3月24日配信)

検疫法では「隔離」「停留」の措置を行うことができます。

補足

(1)隔離:感染が”確定”した者

(2)停留:感染の”恐れ”がある者

もし、これらの措置に違反した場合、違反者には「1年以下の懲役」または「100万円以下の罰金」が科せられます。

スポンサーリンク