【パワハラ?】松山大学:准教授は大西崇仁で栄養コーチは大田美香

体罰や脱税・隠蔽などの不祥事

こんにちは。ミライです。

2020年2月26日、「松山大学 女子駅伝部」”男性監督”パワハラ疑惑が浮上し世間の注目を集めています。

一体、この監督は何をしたのでしょうか?

松山大学:女子駅伝部の男性監督がパワハラ?

男性監督のパワハラ疑惑について「愛媛新聞」は次のように報じています。

松山大女子駅伝部で、
監督から体重管理を巡りどう喝されるなどパワハラを受け続けているとして、
複数の女子部員が監督らの処分を求め、
大学のハラスメント防止委員会に申し立てていたことが25日、
愛媛新聞の取材で分かった。

ハラスメント行為があったと申し立てられたのは、
2008年に監督に就任した経済学部の男性准教授(50)と、
栄養面の女性コーチの2人。

申し立ては昨年(2019年)11月中旬、
複数の学生の連名で提出され、
2人は現在、指導を外れている。

申し立てで学生側は、
発言などが監督の意に反した場合、

「辞めろ」

と言われることが多く、
排除されてしまうという恐怖感から本音で話をすることが困難な状況が常態化していると指摘。

体重管理では、
虚偽の体重を日誌に記載せざるを得ない精神状態にまで追い詰められていると訴えている。

昨年(2019年)10月には体重の虚偽報告を打ち明けた部員の方向へ准教授がダンベルを投げたほか、
他の部員への平手打ちや不透明な経費の徴収があったと主張。

多くの部員が退部や休部に追い込まれているといい、
指導体制の改善も求めている。

准教授は25日、
取材に対し、
申し立て内容は知らないとした上で

「3月に調査を受けるため詳細は答えられないが、
パワハラがあったとの認識はまったくない

その根拠や証拠はあり
真実を明らかにしたい」

と話した。

(2020年2月26日配信)

上記の通り、問題の男性監督はパワハラの事実を否定し、身の潔白を主張しています。

双方の意見が真っ向から対立しているため、現在の時点ではどちらの言い分が”真実”なのかは不明です。

もし、双方の間で折り合いがつかなければ、法廷闘争に発展するかもしれません。

世間の反応

> 16年には全日本大学女子駅伝で初優勝に導いたほか

過去に結果を出してしまったばかりに権力が集中してしまったのか…

よくある話だな

熱血とパワハラの線引きは難しいとはいえ、
本件については選手の言い分が真実ならダメでしょな。

かつては泣き寝入りしていたであろう事案。

被害に遭った部員の方は気の毒ですが、
いい時代になったものです。

経済学部の准教授は大西崇仁

冒頭の愛媛新聞では男性監督の名前は伏せられていますが、この人物について調べたところ、「大西崇仁」氏であることが分かりました。

当日は、部員や大西崇仁女子駅伝部監督(経済学部准教授)らが拍手を受けながら入場、
溝上達也理事長・学長より挨拶があり、
興梠安温山会会長(秋川啓人温山会副会長 代読)より御祝の言葉が贈られた。

※「https://www.matsuyama-u.ac.jp」より引用
(2017年2月8日公開)

パワハラ疑惑が浮上している大西准教授ですが、これが事実誤認であれば、彼の経歴に泥を塗ることになります。

事実、彼はパワハラ疑惑を明確に否定する根拠や証拠を保持しているようです。

現在の時点では”学生”側の主張しか掲載されていないため、大西准教授が不利な立場にあると言えます。

そのため、メディアは大西准教授の言い分も掲載すべきです。

ただ、今回の報道を受けてTwitter上では次のような反応が確認されています。

しかし、上記内容はあくまでも「噂」レベルであり、大西准教授のパワハラを裏付けるものではありません。

栄養コーチ:大田美香の経歴

大西准教授と共に、栄養コーチ女性)にもパワハラ疑惑が浮上しています。

女性コーチについて学生側は、
准教授の言いなりで選手に寄り添うことはなく
ハラスメントの原因の一つになっていると主張。

女性コーチは取材に

「大学に聞いてほしい」

と述べた。

※「愛媛新聞」より引用

上記の通り、件の栄養コーチは積極的にパワハラに関与したわけではないようです。

一体、この栄養コーチは誰なのでしょうか?

そこで、この女性について調べたところ、「大田美香」さんの名前が確認されたのです。

スポーツニュートリションM代表
(公認スポーツ栄養士・管理栄養士)

松山東雲短期大学卒業後、
病院栄養士として病院給食、
入院・外来患者の栄養指導業務に10年携わる。

2002年より健康コンサルタント会社取締役として、
生活習慣病・アンチエイジング・食育・スポーツ栄養などの講演、
非常勤講師、
カルチャースク―ル講師、
テレビ・ラジオ出演を行う。

2010年7月、
松山大学 女子駅伝部 栄養コーチ就任。

2011年4月より、
スポーツニュートリションMを設立。

※「いよココロザシ大学」より引用

ただ、大田さんは自身のパワハラ疑惑については一切言及されていません。

現在の時点では”学生”側の言い分しか報道されておらず、パワハラ疑惑を論じるには不公平感が拭えないのが現状です。

大西准教授を自身のパワハラを否定する根拠や証拠を保持しているため、報道が公正・中立を標榜するのであれば、”指導者”側2人の主張も詳細に報じるべきです。

スポンサーリンク