【引退?】槇原敬之が覚醒剤で2回目の逮捕!”薬またやってる”の声

世間を震撼させた事件や逮捕

こんにちは。ミライです。

今回は、歌手の槇原敬之さんを取り上げます。

2020年2月13日、槇原さんの逮捕が報じられ世間の注目を集めています。

一体、逮捕容疑は何だったのでしょうか?

槇原敬之が覚醒剤で逮捕

槇原さんの逮捕について「AbemaTIMES」は次のように報じています。

歌手の槇原敬之容疑者が13日、
覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。

(2020年2月13日配信)

上記の通り、逮捕容疑は覚醒剤でした。

彼には過去にも覚醒剤での逮捕歴があり、その後、起訴され有罪判決が下されています。

つまり、今回の犯行は”再犯”となります。

やはり、薬への依存を断ち切ることは不可能だったのでしょう。

世間の反応

正直「またか」と感じました。

才能のある方なのに。

残念です。

覚せい剤の怖さを思い知るな…

やっとここまで持ち返してきたのに、
またなぜって思うけれど、
もうやめられないんだろうね‥

マーシーが言ってたように、
握手するだけで覚せい剤握らせてくる人がいたってくらい
そばにいるんだもの…。

残念だよ。

30周年だったのにね…。

やっぱり、槇原敬之だったんだ。

ミリオン歌手X。

皆さんの予想、当たってたね。

やはり、
やめられないものなんだな。

2回目の逮捕で「覚醒剤またやってる」「引退」の声

今回の逮捕は2回目であり、前回と同様に”薬絡み”でした。

槇原さんが最初に逮捕されたのは1999年8月

同年8月26日、自宅のペンケースから1gの覚醒剤が発見されたことで、彼は現行犯逮捕されることになります。

その結果、起訴され「懲役1年6ヵ月」(執行猶予3年)の有罪判決が言い渡されました。

槇原は1999年8月26日、
自宅でペンケースに入った1gほどの覚せい剤が見つかり、
23歳の男と共に現行犯逮捕された。

槇原はこの逮捕で一カ月余りの勾留の後、300万で保釈。

懲役1年6カ月(執行猶予3年)の判決が出された。

音楽活動を復活することはできず、
無期限の活動停止状態に追い込まれたのだ。

※「90Sチョベリー」より引用
(2016年12月10日配信)

覚醒剤による2回目の逮捕を受けて、ネット上では「薬またやってる」や「これで引退」という声が上がっています。

確かに、現在の芸能界では薬物汚染が問題視されており、世間からの風当たりも強くなっています。

一例として、合成麻薬(MDMA)を所持していた容疑で逮捕・起訴された沢尻エリカさんは「女優には復帰しない」と”明言”しています。

ましてや、槇原さんは2回目の逮捕であるため、音楽活動への復帰は許されないでしょう。

そのため、ネット上に上がっている「これで引退」という指摘も、あながち間違いではないかもしれません。

スポンサーリンク