【離婚?】批判で処分:依田紀基のツイッター内容

世間の噂や○○説

こんにちは。ミライです。

今回は、囲碁のプロ棋士として活躍する依田紀基(よた のりもと)さんを取り上げます。

囲碁界では華麗な経歴を誇る彼ですが、ここに来て「対局停止6ヵ月」の処分が発表され世間の注目を集めています。

一体、処分の理由は何だったのでしょうか?

依田紀基が不適切発言で処分

依田棋士の処分について「産経新聞」は次のように報じています。

囲碁の日本棋院[小林覚(さとる)理事長]は12日、
常務会を開き、
昨年(2019年)6月から自身のツイッターなどで執行部の運営を批判していた依田紀基九段(54)を、
対局停止6カ月の処分にすることを決めた。

小林理事長は

「ファンや関係者に不愉快な思いをさせて申し訳ありません」

と謝罪した。

日本棋院は批判について

「事実無根で誹謗中傷にあたる」

として罰則委員会を開き、処分を検討してきた。

(2020年2月12日配信)

上記の通り、処分の理由は「日本棋院 執行部に対する誹謗中傷」でした。

しかし、依田岸はこの処分を不服として法的措置も検討しているとのこと。

一体、彼は執行部に対してどんな批判を展開したのでしょうか?

世間の反応

批判されたくらいで粛清するなんて
まるで北朝鮮みたいな組織だね

もっとオープンであるべきだと思う

フマキラーがスポンサーを降りた理由は
出場棋士を無断で不戦敗にされたことを看過できないとしてのこと

これは週刊新潮2019年8月1日号で伝えられている

そういった事実を歪曲して伝えている日本棋院は異常

中傷は良くないだろうが対局停止は違うんじゃないか。

将棋の冤罪事件の時は、
被害者について戦うべきとか言ってたような覚えがあるから、
とことん戦っていくのかな。

批判内容:ツイッターで何て言った?

依田棋士は自身のツイッターを通して日本棋院 執行部を痛烈に批判していました。

一体、彼はツイッターでどんな批判を行っていたのでしょうか?

そこで、批判の内容を調べたところ、「朝日新聞DIGITAL」より以下の情報が確認されたのです。

日本棋院や関係者によると、
依田九段は妻の原幸子四段(49)が常務理事を解職された役員人事などを巡り、
昨年(2019年)6月からツイッターなどで

「(執行部は)噓もつくし事実も歪める」

「権力に媚びる茶坊主の集まり」

などと繰り返し批判。

(2020年2月12日配信)

上記の通り、彼は執行部に対して「嘘つき」「権力に媚びる」と批判していたのです。

しかし、批判のツイートは全て削除されているため、現在では閲覧することができません。

ただ、ここで気になるのは、依田棋士が執行部を批判した理由(原因)です。

実は、騒動の発端は原 幸子棋士が常任理事を”解任”されたことがきっかけだったのです。

■原 幸子

妻が常任理事を解任されたことに激怒した依田棋士は、自身のツイッターで執行部を猛烈に批判したというわけです。

確かに、”さしたる理由”もなく役職を解任されたとあれば、彼でなくとも激怒するのは当然です。

しかし、原棋士が理事を解任された理由は、彼女の”不適切な行為”が明らかになったからです。

原四段は一昨年(2018年)5月の棋院の理事選挙で、
他の候補者への根拠のない中傷メールを有権者の棋士に送信したとして、
常務理事職を解職された。

※「朝日新聞DIGITAL」より引用
(2020年2月12日配信)

上記の通り、原棋士は理事選に立候補した候補者を誹謗するメールを有権者の棋士に流布させていたのです。

もし、これが事実であれば、彼女の行為は刑法に触れる可能性すらあります

この疑惑を受けて執行部は彼女に聞き取り調査を行いましたが、明確な回答が得られなかったため、解任となったのです。

こうした経緯を踏まえれば、原さんの理事解任は極めて妥当です。

ただ、執行部の判断に猛反発した依田棋士を見る限り、一連の騒動には表沙汰になっていない”闇の部分”があるように思えます。

嫁と離婚した?

ネット上で依田棋士の名前を検索すると「離婚」というワードが出現します。

しかし、2020年2月現在、2人が離婚したという事実は確認されていません。

一体なぜ、離婚というワードが出現したのでしょうか?

そこで、離婚の背景を調べたところ、実は別居していたことが判明したのです。

この事実は、依田棋士の著書である「どん底名人」の中で詳細に綴られていました。

借金のために妻子と別居し、
子供とも面会も許されないという。

碁の天才に関わらず、
歌舞伎町漬け、
バカラ賭博狂い、
仕手株の失敗、
妻子との別離。

ギャンブルに溺れ借金まみれになり、家庭も崩壊。

自らの浪費が理由で持ち家を手放さざるを得なかった話とか、
妻と3人のお子さんと別居中で寂しいとか、
まぁ痛い話のオンパレードである。

※「https://bookmeter.com」より引用

上記の通り、依田棋士は自身の「借金」「浪費癖」が原因で、妻子と離れ離れになっていたのです。

しかし、家族(妻・子供)とは”別居”しているだけであり、”離婚”しているわけではありません。

ただ、世間では「離婚も時間の問題」という声も上がっているため、これが「離婚」というワードが浮上した理由だったというわけです。

スポンサーリンク