【死因:病気?】死去:那倉悦生(ENDON)の病名+画像↓プロフィールも

あの人の訃報や病気

こんにちは。ミライです。

今回は、ミュージシャンの那倉悦生さんを取り上げます。

兄・太一さんと共に「ENDON」として活動していた悦生さんですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

ENDON:那倉悦生が死去(急逝)していた

悦生さんの死去について「音楽ナタリー」は次のように報じています。

ENDONの那倉悦生が4月26日に急逝したことが発表された。

これはENDONのオフィシャルTwitterアカウントで明かされたもの。

那倉悦生の兄である那倉太一による記名で

「那倉悦生が、
去る四月二十六日、
享年三十四歳にて急逝致しました。

葬儀等はありません。

然るべき方に伝わっていなかったら大変申し訳ありません。

花を手向けたい方は私にご連絡ください」

と書かれている。

(2020年5月10日配信)

上記の通り、悦生さんは2020年4月26日に34歳で死去されていたのです。

葬儀がない理由については不明ですが、本人や遺族の意向で葬儀が執り行われないケースは多々あります。

また、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、あえて葬儀を断念(自粛)したとも考えられます。

ただ、具体的な死因も公表されていませんでした。

しかし、「急逝」と報じられていることから、恐らくは突然死だったと思われます。

世間の反応

「葬儀はありません」に突っ込む人はなんなんだろう。

今はコロナじゃなくても
葬儀は家族による簡易な物くらいしかできないよ。

えらいあっさりした報告だなとは思うけど。

まだ34歳…

若すぎます。

ご冥福をお祈りします。

こういうときに亡くなると、
人が集まってお葬式を開けないのが辛いですね。

知人の親御さんも亡くなったのですが、
やはり家族葬で済ませたそう。

ほとぼりが冷めたら、
故人のためにも改めてお見送りの会を開いてください。

死因は病気?病名は?

”急逝”した悦生さんですが、死因については一切公表されていません。

また、生前にも病気を公表した事実はないため、死因や病名などは関係者しか知り得ないと思われます。

ただ、一般な突然死の場合は「心臓」に関する病気が大半を占めています。

心臓に関する突然死を「心臓突然死」といい、以下の6つを指します。

心臓突然死とは?

(1)急性心筋梗塞

(2)狭心症

(3)不整脈

(4)心筋疾患

(5)弁膜症

(6)心不全

心臓突然死により、年間で約5万人の方が亡くなっています。

この5万人の中で最も多いのが「急性心筋梗塞」です。

現在のところ、悦生さんの詳しい死因(病名)は不明です。

しかし、突然死であることから、心臓に関する病気である可能性はゼロではないでしょう。

プロフィール

悦生さんを含むENDONメンバーのプロフィールは公開されていません。

ただ、バンド自体のプロフィールは得られています。

2006年結成、
東京を中心に活動するエクストリーム・ノイズ・バンド。

翌年(2007年)より
ヴォーカル、ギター、ドラム、ノイズ×2からなる5人編成に。

ギターとドラムによるソリッドな演奏が機軸となるバンド的なアプローチと
ハードコアやブラック・メタル的な意匠をまとうサウンドに、
ノイズが縦横無尽に暴れまくる。

2011年、
PAINJERKとのスプリット・カセットを経て、
『Acme. Apathy. Amok』を発表。

海外でも積極的にライヴを行ない、
評価を高める。

2014年9月、
1stフル・アルバム『Mama』をリリース。

※「CDジャーナル」より引用
(2015年1月5日公開)

スポンサーリンク