【廃止後】マイナンバー通知カードの期限はいつまで?

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

2020年5月10日、ネット上では「マイナンバー通知カード」が話題となっています。

というのも、5月一杯で通知カードの有効期限が切れる(廃止)からです。

注意

期限が切れるのは「通知カード」であり、
「マイナンバーカード」そのものではありません。

一体、通知カードの有効期限はいつ切れるのでしょうか?

また、廃止後はどうなるのでしょうか?

マイナンバー通知カードが廃止!期限はいつまで?

マイナンバーの通知カードは2020年5月一杯で廃止されます。

一体、有効期限はいつまでなのでしょうか?

そこで、有効期限を調べたところ、5月25日(月)であることが確認されました。

法律の改正により、
マイナンバー通知カードは令和2(2020年)年5月25日頃に廃止される予定です。

※「大津市」より引用

法律の改正に伴い廃止される通知カードですが、廃止時期については「5月25日”頃”」とアナウンスされており、現在の時点では確定的な情報ではないようです。

廃止時期については大津市のHPを引用しましたが、これは全国区の問題であるため、どの自治体でも有効期限が切れるタイミングは一緒です。

ただし、”ある条件”を満たせば、5月25日以降も通知カードを使用することが可能です。

その条件については、以下の項目をお読み下さい。

廃止後はどうなる?

通知カードが廃止された後はどうなのでしょうか?

そこで、廃止後の問題点について調べたところ、以下の2点が明らかになりました。

廃止後にできなくなること

(1)住所、氏名などの変更手続き

(2)申請および再交付

(1)に関しては、通知カードに記載されている個人情報が住民票と一致していれば問題はありません。

しかし、住民票と一致していない場合は、廃止後にマイナンバーを証明する書類として通知カードを使用できなくなります。

例えば、手元にあるのが通知カードのみだった場合、マイナンバーの証明を求められた際にはマイナンバーカード自体を提示しなければなくなくなるのです。

または、マイナンバーが記載された「住民票の写し」「住民票記載事項証明書」が必須となります。

もし、通知カードと住民票の情報が一致していない場合は、5月25日までに通知カードの情報を最新のものに変更しましょう。

前項では、通知カードの有効期限を5月25日と記載しましたが、これは記載されている情報が住民票と一致していない場合です。

この2つの情報が一致さえしていれば、従来通り、マイナンバーを証明する書類として通知カードを利用することが出来るのです。

廃止後もマイナンバーカードは取得できる?

通知カードが廃止された後でも、マイナンバーカードを取得することはできます。

マイナンバーカードの取得方法については、各自治体のHPをご覧ください。

マイナンバーカードを取得する際の注意点としては、必ず本人が市役所に出向いてください。

原則として、どの自治体も本人以外への交付を認めていません。

しかし、交付される本人が出向くことが出来ない場合に限り、代理人への交付が認められます。

その場合、本人が出向けないことを証明する書類が必要となります。

代理人が交付を受ける場合に必要な書類

(1)医師の診断書

(2)本人の身体障碍者手帳

(3)本人が入所(入院)している施設の証明書類

世間の反応

この25日にマイナンバー通知カード廃止とか、何考えてんねん…!

マイナンバーカード作ってない人めちゃくちゃ沢山いるし、
期限過ぎても通知カード廃止を知らないまま引っ越しとかあるやろ。

てか、自分も今知ったぞ!

今廃止して、
国民に何の得があんのや(´・ω・`)

マイナンバー通知カードが5月末で廃止になるとのこと

以前から決まっていたことのようだが、
この時期にこれほど話題になると、
マイナンバーカード作成のための人たちで役所が三密になることが想像される

なんとか時期をずらすことはできないのだろうか🤔

マイナンバー通知カードが廃止って情報…

使えなくなる訳じゃないの🙅‍♀️

5月末で発行しなくなるだけなの…🙆‍♀️

だから住所変更した人は今月末までに変更手続きが必要なの😶

それだけ…

スポンサーリンク