【白河郵便局】40代:男性課長代理は誰?名前(実名)や逮捕は?

世間を震撼させた事件や逮捕

こんにちは。ミライです。

2020年5月2日、福島県 白河郵便局で6,000通の郵便物が未配達である事実が発覚しました。

報道によると、6,000通もの郵便物を隠蔽していたのは課長代理の男性(40代)とのこと。

一体、この課長代理とは誰なのでしょうか?

白河郵便局で6,000通の郵便物が未配達

郵便物が未配達が発覚した白河郵便局について「毎日新聞」は次のように報じています。

日本郵便東北支社は1日、
白河郵便局(福島県白河市)に勤務する郵便部の40代男性課長代理が、
郵便物約6000通を配達せずに隠していたと発表した。

課長代理は認めているという。

同支社によると、
課長代理は主に郵便配達業務を担当。

2015年7月~20年4月、
普通郵便物約2000通と、ゆうメール約4000個を配達せず、
自宅や自家用車に隠していた。

4月28日、
郵便部部長が課長代理の自家用車内で大量の未配達郵便物を発見し、
同支社が内部調査を実施していた。

同支社は郵便法違反(隠蔽)容疑で30日、
白河署に被害届を提出した。

今後、告訴する予定。

未配達の郵便物は差出人と受取人に謝罪後、全て配達する。

(2020年5月2日配信)

上記の通り、この課長代理は2015年から郵便物の隠蔽を行っていました。

社内調査で不正が露見したことで今回の一件が明るみに出たものの、バレなければ不正を続けていたでしょう。

会社は既に被害届を提出しており、刑事告訴も検討しているようです。

ただ、課長代理は民事上での責任も追及される可能性があります。

もしそうれなれば、多額の賠償金を請求されるでしょう。

一体、不正を行っていた課長代理とは誰なのでしょうか?

世間の反応

はえー
ただの不祥事じゃなくて、郵便法によって裁かれるんだな

遅れるのはいいけど、隠すのは論外だよな

どんな文書があったのだろう。

親展や信書になっている文書など重要な文書もあったのでしょうか。

また、郵送料や切手代などの返金はするのでしょうか。

年に一度はこの手のニュース出てくるな

郵便部:40代の男性課長代理は誰?名前(実名)は?

6,000通もの郵便物を未配達にしていた課長代理とは誰なのでしょうか?

そこで、この人物について調べてみましたが、実名や顔写真のリークなどは行われていませんでした。

課長代理という役職であるため、組織図にも名前が記載されておらず、現在の情報だけでは身元を特定することは不可能です。

ただ、会社は刑事告訴を検討していることから、逮捕される可能性はゼロではありません。

もし逮捕されれば、実名が報じられると思われます。

郵便法違反で逮捕される?

郵便物法違反の容疑で刑事告訴が検討されている課長代理ですが、実際に逮捕されることはあるのでしょうか?

そこで、郵便物に違反する事件について調べたところ、逮捕された事例が存在していたのです。

郵便事業近畿支社は24日、
紀伊勝浦支店(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)の期間雇用社員が配達すべき郵便物を隠し、
同日、郵便法違反容疑で新宮警察署に逮捕された、
と発表した。

※「https://www.logi-today.com/53439」より引用
(2012年9月25日掲載)

この事例では、隠された郵便物は110通でした。

110通で逮捕されるのであれば、今回のケースでは逮捕されることは”ほぼ確実”でしょう。

しかし、似たような事件でも書類送検で済まされているケースも存在していました。

恐らく、隠匿した郵便物の数はあくまでも目安であり、犯行の悪質性や動機などによって大きく変動するのでしょう。

スポンサーリンク