【実名】埼玉県川口市:無職の女は誰?タイキシャトルのたてがみ犯人

世間を震撼させた事件や逮捕

こんにちは。ミライです。

2020年3月27日、有名馬「タイキシャトル」の”たてがみ”を切り取ったとして犯人の女が逮捕されました。

一体、犯人は誰なのでしょうか?

また、犯行の動機(目的)は何だったのでしょうか?

タイキシャトルの”たてがみ”を切り取った犯人が逮捕

逮捕された犯人について「KYODO」は次のように報じています。

北海道警は27日、
日高町の牧場で、
競馬の殿堂入りをしたことで知られる「タイキシャトル」のたてがみの一部を切り取ったとして、
器物損壊の疑いで、
埼玉県川口市の無職の女(55)を逮捕した。

(2020年3月27日配信)

上記の通り、逮捕された犯人は「無職の女(55歳)」でした。

一体、この女は誰なのでしょうか?

また、埼玉県在住の人間が、なぜ北海道で犯行に及んだのでしょうか?

世間の反応

他の著名な競走馬でもたてがみを切ったのとちゃうか。

まだまだ余罪がありそうやで。

熱烈ファンか、それとも転売目的か。

正直に言えば、
もしファンであれば、
サンデーーディープ全盛の世の中、
まだこの馬のファンがいたかと
逮捕前に固く握手をしてパトカーを見送りたい。

まぁ、
でも結構似たような事件が続いてたから、
転売目的なんだろうな。

こういった馬鹿が居るから
牧場へ見学に行った観光客が名馬を見れずに帰る事になってします。

ましてや転売目的なら最悪だし、
転売サイトの運営側も有名馬のたてがみや
類似した商品の取締りを強化して欲しいです。

埼玉県川口市:無職の女は誰?名前(実名)は?

逮捕された女(55歳)は埼玉県 川口市に住んでいました。

しかし、現在の時点ではどのメディアも犯人の名前(実名)までは明らかにしていないのです。

そのため、犯人の素性や素顔は不明です。

ただ、逮捕された以上、実名が公表されるのは時間の問題だと思われます。

犯人の実名や素顔については新しい情報が入り次第、追記します。

犯行の動機はメルカリ転売?

有名馬の”たてがみ”を切断するという奇怪な事件ですが、犯人の動機は何だったのでしょうか?

現在の時点では詳細な犯行動機は明らかにされていないものの、恐らくは「転売」だと思われます。

というのも、メルカリでは有名馬の”たてがみ”が複数出品されていたのです。

北海道の牧場で、
名馬として知られた元競走馬の「たてがみ」の一部が何者かに切り取られる事件が相次いでいる。

過去には、
たてがみがフリーマーケットアプリに出品されていたとの情報もある。

※「産経新聞」より引用
(2019年9月24日配信)

メルカリに”たてがみ”を出品した人物と、逮捕された女が同一人物なのかは不明です。

しかし、犯行手口が似ていることから、同一犯である可能性は高いと思われます。

もし、両者が同一人物であれば、犯行の動機は金目的でしょう。

スポンサーリンク