【見分け方】愛媛新聞ONLINEの偽サイトはどこ?URL+ホームページ

世間を震撼させた事件や逮捕

こんにちは。ミライです。

2020年5月13日、愛媛新聞が運営する「愛媛新聞ONLINE」”偽サイト”が報じられ世間の注目を集めています。

一体、偽サイトとはどんなサイトなのでしょうか?

愛媛新聞ONLINEの偽サイトが発覚

愛媛新聞ONLINEの偽サイトについて「KYODO」は次のように報じています。

愛媛新聞社は13日、
同社のホームページ「愛媛新聞ONLINE」の偽サイトの存在を確認したと発表した。

「偽サイトにアクセスした場合、
個人情報が不正に取得される可能性がある」

として注意を呼び掛けている。

同社によると、
偽サイトは「愛媛新聞ONLINE」の記事や写真を許可なく転載したとみられる。

クラウドの運営会社に偽サイトの削除を要請した。

同社は、
愛媛新聞ONLINEを利用する際はアドレス(https://www.ehime―np.co.jp)を必ず確認してほしいとしている。

(2020年5月13日配信)

上記の通り、偽サイトは愛媛ONLINEの記事や写真を丸ごとコピーしているため、一見しただけでは本物と遜色ないようです。

そのため、ほとんどのユーザーは疑うこともせずに偽サイトにアクセスしてしまうことでしょう。

一体、この偽サイトはどこに存在しているのでしょうか?

世間の反応

自治体の偽HPも立ち始めてるらしい。

申請にかこつけたフィッシング要注意。

裏ブラウザ経由やな。

どこのクニから?

偽サイトのホームページ(URL)はどこ?

愛媛新聞ONLINEの偽サイトはどこにあるのでしょうか?

そこで、偽サイトのホームページ(URL)を調べてみたものの、それらしいサイトはヒットしなかったのです。

また、現在の時点では具体的な被害報告もありません。

ただ、こうした偽サイトの目的は「フィッシング詐欺」だと思われます。

フィッシング詐欺とは、本物のように偽装したサイトにユーザーを誘導し、そこに入力された「メールアドレス」「電話番号」「口座番号」などの個人情報を奪う詐欺です。

そのため、偽サイトにアクセスしただけで個人情報が抜かれることはありません。

しかし、今回発覚した愛媛新聞ONLINEの偽サイトがフィッシング詐欺だと”確定”したわけではないため、偽サイトのURLが判明してもアクセスしないで下さい。

47NEWSにも偽サイトが存在していた

【47NEWS】偽サイトはどこ?URL+ホームページは?

本物と偽サイトの見分け方は?

詐欺サイトは”まるで本物”であるかのように偽装されています。

そのため、一見しただけでは本物と偽物を区別することは困難である場合が大半です。

では、両者を見分ける方法はあるのでしょうか?

最も有効で確実なのは、URLの末尾に注目することです。

一般的にURLの末尾は「.com」「.jp」など、普段から見慣れている文字列になっています。

しかし、偽サイトの場合は「.xyz」「.tk」など、見慣れない文字列になっている傾向にあります。

事実、マスクの通販詐欺を行っている「SENJU株式会社」のホームページはURLの末尾が「.xyz」でした。

つまり、愛媛新聞ONLINEの偽サイトについて予想されるURLは次の通りです。

偽サイトのURL予想

(1)https://www.ehime―np.co.xyz

(2)https://www.ehime―np.co.tk

(3)https://www.ehime―np.co.ml

上記は全て予想に過ぎませんが、本物と偽物のURLが酷似していることは多々あります。

というよりも、酷似したURLでないとユーザーがアクセスする時点で不信感を抱き、偽サイトに誘導できないのです。

そのため、愛媛新聞ONLINEの偽サイトのURLは、上記いずれかのパターンに該当している可能性が非常に高いと思われます。

スポンサーリンク