【顔画像+経歴】西田道弘のFacebookは?さいたま市の保健所長

年齢や経歴などのプロフィール

こんにちは。ミライです。

2020年4月10日、「さいたま市」の保健所長が、PCR検査の基準を厳しく設定していたことが報じられ世間の注目を集めています。

一体なぜ、この所長は検査基準を厳しく設定していたのでしょうか?

また、この人物は誰なのでしょうか?

さいたま市の保健所長がPCR検査の基準を厳しくしていた

PCR検査の基準を厳しくしていた問題について「KYODO」は次のように報じています。

新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査が、
さいたま市では2カ月で約170件だったことについて、
市の保健所長は10日、
記者団の取材に

「病院があふれるのが嫌で厳しめにやっていた」

と発言した。

(2020年4月10日配信)

上記の通り、所長はコロナ患者が病院に殺到する事態を危惧したため、PCR検査の基準を厳しく設定していたようです。

確かに、大量のコロナ患者が病院に押し寄せれば、二次・三次感染の危険性が高まり、医療崩壊という最悪のシナリオも想定されます。

しかし、自分が陽性という自覚がなければ、外出自粛を無視して歩き回る人間も現れるでしょう。

陽性であることを自覚することは、他者への感染を防ぐためにも非常に有益な情報なのです。

ただ、検査基準を引き上げたことで、「隠れコロナ患者」が検査をすり抜けてしまった可能性は大いにあり得えます。

こうした「隠れコロナ患者」が自覚なしに周囲にウイルスを拡散してしまっているのではないでしょうか?

この問題が報じられた直後から、ネット上では「愚策」や「隠蔽工作」などの批判が続出しています。

世間の反応

こういう愚策をするから、
実態がわからず、感染経路不明が増える。

感染者を把握するのは対策の初歩。

感染は必ずしも入院を必要としないのだから、
ただの妨害行為でしかない。

こういう人こそ感染拡大の責任を取らせるべき。

早期発見、早期治療が必要と思うが、
検査キットが足りないとか、病床が足りないとかで
検査を減らすのはどうかと思う。

検査して、
軽症な人を発見出来たなら、
お薬を処方して早目早目に自宅待機させるのが望ましいのではないでしょうか?

感染がわかったら、
イヤでも自宅待機せざるを得ないです。

それが、
感染拡大を防止する為の策ではないでしょうか?
と、思います。

医療崩壊と言われているなら、
尚更、軽症のうちに発見し、
自宅待機で治療に専念してもらうべきです。

私も、家族ももしかしたら、
隠れコロナかも知れませんし、
それを発見出来たなら、
感染拡大を防止出来ると思います。

一早い検査キットの普及、対応、
お薬の普及開発がなされることを、願います。

埼玉県は人口あたりの医師数や病床数が人口に追いついてないことが、
ずいぶん前から問題になっていた地域。

「埼玉都民」が沢山住んでる都市部では
都内の大病院に通っている人も多い。

さいたま市が順天堂大学病院を誘致したけど、
計画通りには進んでいない。

東京と隣接する県は一体で対策しないと意味ないと思うが、
国も調整能力なさそうだしなあ…。

西田弘道の顔画像↓Facebookや経歴は?

先ほどのKYODOでは保健所長の名前(実名)は明らかにされていませんでした。

一体、この保健所長とは誰なのでしょうか?

そこで、この人物について調べたところ、「西田弘道」氏であることが判明したのです。

さいたま市保健所西田道弘所長は10日、
市役所で報道陣の取材に応じ、
新型コロナウイルスの感染を判定するPCR検査について、
実施基準を厳しくし件数を抑えていることを明らかにした。

※「JIJI.COM」より引用
(2020年4月10日配信)

西田所長の顔写真がこちらです。

西田所長によると、県内の病院や隔離施設が不足しているため、「本当に陽性が出そうな人」に限定してPCR検査を行っていたようです。

しかし、これでは先述した「隠れコロナ」からの感染拡大は防ぐことはできません。

西田所長の判断が”悪手”に見えるのは私だけではないはずです。

ただでさえ国民は安倍政権に対して不信感を募らせています。

この状況下で検査数を操作するような事態が発覚すれば、隠蔽工作と捉えられても仕方ないでしょう。

ちなみに、西田所長について判明したのは顔写真のみであり、Facebookや経歴などは一切確認できませんでした。

スポンサーリンク