【解雇】京大iPS研究所の非常勤講師(50代)は誰?名前は?

体罰や脱税・隠蔽などの不祥事

こんにちは。ミライです。

2020年3月31日、京都大学のiPS細胞研究所に勤務する非常勤講師懲戒解雇されました。

発表によると、懲戒解雇されたのは50代の女性職員とのこと。

一体、この非常勤講師とはなのでしょうか?

京大iPS研究所の非常勤講師が機密書類を持ち出して懲戒解雇

懲戒解雇された非常勤講師について「MBS NEWS」は次のように報じています。

京都大学は、
無断で機密書類を持ち出したなどとして、
iPS細胞研究所に勤務する50代の非常勤講師を懲戒解雇したと発表しました。

懲戒解雇されたのは、
iPS細胞研究所の非常勤講師の50代女性です。

京都大学によりますと、
女性は2017年度から19年度にかけて、
担当している教授の机から無断で機密書類を持ち出してスキャンし、
データを持ち出すなどしました。

また、
同じ教授の部屋にビデオカメラを設置して室内を盗撮し、
教授からデータを消すよう指示された後も、
他の職員が閲覧できる状態で保存するなどしていたということです。

京都大学は盗撮について、
刑事告発を検討しているということです。

(2020年3月31日配信)

上記の通り、解雇された非常勤講師は機密書類を無断で持ち出していたのです。

また、教授の部屋にカメラを設置し、盗撮行為にまで及んでいました。

京都大学は今回の事態を重く見て、解雇した非常勤講師を刑事告発するようです。

一体、この人物は誰なのでしょうか?

世間の反応

懲戒解雇だけでは済まない問題だと思います。

身辺調査を含めて取り調べが必要です。

盗撮の罪しか問えないのはおかしい。

スパイ防止法を早く成立させて欲しいです。

刑事告訴を検討とあるが、
明らかに刑事事件として捜査されるべき案件。

背後関係を含めて全容を明らかにしていただき、再発の防止を。

この窃盗犯罪者の氏名が公表されないのは逮捕されていないためだと思いますが、
他所でも行う、
他所でも行ってきた可能性があるため
公表できるようにしたほうがいいと思います。

民主主義は”最大多数の幸福”が原則であり、
新型コロナウイルス感染症に対しても、
産業スパイにしても、
公共の福祉よりも個人情報保護を優先しているのはナンセンスだと思います。

何年も前から”日本はスパイ天国”と言われているのに
法律を整備してこないのは立法府の怠慢だと思います。

非常勤講師の50代女性は誰?名前は?

機密書類を無断で持ち出した非常勤講師は誰なのでしょうか?

現在の時点では逮捕されていないため、詳しい素性(名前・顔写真)は公表されていません。

今回の一件が刑事事件として立件され、問題の講師が逮捕されれば、実名および素顔が明らかになるでしょう。

ただ、5ch(2ch)では次のような内容が書き込まれていました。

243ロピナビル(東京都) [ニダ] 2020/03/31(火) 20:54:06.18

以前テレビで山中教授の研究室生を紹介する特集コーナーを見たけど、
確か韓国人が居たはず。

255リトナビル(東京都) [US] 2020/03/31(火) 21:56:10.28

中華ではなくてドイツだよこれ

一度政府が東京にips細胞の研究所を移転させたのは、
京大では産業スパイ対策がダメダメで、
ドイツの製薬会社がips特許を全部盗み出した事件があったから

今は関西に研究所戻ってるのね

275トウシバ犬(千葉県) [CN] 2020/04/01(水) 01:35:20.46

頭おかしすぎじゃね

中国人だったら
全てに辻褄は合うが違うならキチガイだろ

上記の通り、問題の非常勤講師については「韓国人説」「中国人説」「ドイツ人説」が浮上していたのです。

しかし、いずれも確固たる根拠があるわけではなく、単なる偏見や先入観に過ぎません。

スポンサーリンク