【和田浩治の死因】奥さん:田村順子の画像↓子供は?

あの人の訃報や病気

こんにちは。ミライです。

2020年2月4日、歌手である「梓みちよ」さんの訃報が報じられました。

それに伴い、ネット上では元夫である和田浩治さんにも注目が集まっています。

一体、和田浩治さんとはどんな人物なのでしょうか?

梓みちよの元夫:和田浩治の死因は?

和田さんと梓さんは1971年結婚するもの、翌1972年離婚しています。

つまり、2人の結婚生活は2年で破綻していたのです。

離婚後、和田さんは再婚しましたが、梓さんは亡くなるまで独身を貫きました。

しかし、和田さんは1985年に体調を崩しており、翌1986年死去しているのです。

死因は「胃癌」でした。

和田さんの闘病については以下に引用させて頂きます。

ところが、
昨年(1985年)5月、
突然胃の痛みを訴え、東京女子医大へ入院。

胃潰瘍と本人に告げられましたが、
すでにこのころ手の施しようも無いほど、
悪性のガンが進行していたそうです。

その後、
和田さんは、奇跡的に回復。

胃がんについては、
この頃、本人に知らされましたが、無事に退院。

退院後はレコーディングをするまで、元気になりました。

しかし、
今年(1986年)5月、
再び病魔は和田さんを襲い17日順天堂病院に再入院。

そのまま7月6日午前5時、
帰らぬ人となってしまいました。

※「http://koji128.web.fc2.com」より引用

上記の通り、体調を崩した1985年の時点で既に和田さんの癌は進行しており、手遅れの状態だったのです。

離婚の理由は?

梓さんとは結婚後、わずか2年で離婚した和田さんですが、なぜスピード離婚に至ったのでしょうか?

そこで、離婚の原因について調べたところ、梓さんのバイセクシャル疑惑が指摘されていたのです。

バイセクシャルの噂があり、
それが原因で和田浩治と離婚したと言われている。
(そのことでの離婚では無いと梓の母は当時否定)

ただし
近年の梓本人はバイセクシャルであることを仄めかす発言をテレビやステージで度々行っている。

(2007年7月17日投稿)

しかし、梓さん本人は自身がバイセクシャルであるこことを明言していません。

また、もしバイセクシャルが事実であったとしても、夫である和田さんなら結婚から知っていたはずです。

そのため、これが原因で離婚に至ったとは考え難いものがあります。

奥さんは「クラブ順子」のママ:田村順子

梓さんと離婚した和田さんは、その後、クラブ経営者の女性と結婚(再婚)しています。

再婚相手は、「クラブ順子」(銀座)を経営する田村順子さんです。

淳子さんがクラブ順子をオープンしたのは1961年の時。

この年はビートルズが日本に初来日した年でもあります。

順子さんのお店には様々な有名人が訪れており、常連客の1人には落語家の立川談志さんもいました。

結婚当時の2人がこちらです。

順子さんの方が3歳年上であったため、いわゆる”姐さん女房”でした。

子供はいる?

2度の結婚歴がある和田さんですが、2人の妻との間に子供はいるのでしょうか?

そこで、子供の有無について調べたものの、息子や娘の情報は一切確認されなかったのです。

本人のWikipediaにも「子供はいない」と記述されていました。

いずれの妻との間にも子はいない

スポンサーリンク