【K-1強行】格闘技:中村拓己プロデューサーの経歴

年齢や経歴などのプロフィール

こんにちは。ミライです。

今回は、K-1のプロデューサーを務める中村拓己さんを取り上げます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本国内ではイベントの自粛が行われています。

しかし、「さいたまスーパーアリーナ」で予定されていたK-1が開催を強行したことで、世間の批判を浴びています。

一体なぜ、この状況下で開催を”強行”したのでしょうか?

さいたまスーパーアリーナでK-1大会を強行

K-1大会を強行した理由について「TOKYO HEADLINE」は次のように報じています。

中村氏は冒頭

「もともと開催が決まっていたイベントで準備をしていた。

いろいろあったが、
最大限の予防策を講じて開催することになった」

などと開催を決断した経緯を語った。

そして、

来場者にマスク配布、
入場口ほか各所に消毒液の設置、
サーモグラフィーの設置、
ミネラルウォーターの配布、
会場の扉をあけて常時換気、
場内の撮影会・握手会は行わず
物販は会場の外で行う

――といった対応策を挙げた。

また前日に行った計量や会見は無観客で行い、
大会後のアフターパーティーも中止するという。

政府が自粛を要請しているなかでの開催については

「自粛の話題は出たが、
開催の方向でさいたまスーパーアリーナとも話をして、
予防策を講じることにより
開催するということに至った」

そして

「万全の対策ができるなら」

と開催の決断に至ったという。

(2020年3月22日配信)

会見の場で中村プロデューサーは大会を開催する意義について次のように語っています。

「発表している大会をちゃんとやるのが我々の仕事」

つまり、彼としては、予定通りにイベントを開催することが「責任を果たすこと」と捉えているようです。

確かに、予定していたイベントを延期・中止することは各方面に多大な迷惑を掛けてしまいます。

そのため、予定通り開催した方が良い時もあるでしょう。

しかし、「さいたまスーパーアリーナ」での大会は1万人規模を予定しているため、感染者が1人でも紛れていれば、大規模な集団感染が発生する危険があります。

今回の大会を開催するに当たり、中村プロデューサーは最大限の予防策を講じることを約束しました。

しかし、最大の予防策は「大会を開催しない」ということに尽きます。

今回の開催強行に対しては、埼玉県知事を務める大野元裕氏もTwitter上で苦言を呈しています。

果たして、この状況下で大会を開催することが「責任を果たすこと」になるのでしょうか?

世間の反応

大臣の自粛要請の呼びかけも強行突破の頑な姿勢。

これでは武尊VS天心なんて絶対実現無理。

日本どころか
世界中で大人数で集まるのを自粛してるのに。

万単位の興行って・・・

万全の対策なのに
1人に1枚のマスク配布ですら
全てのお客さんに用意できてませんので
自主的にマスクしてくださいって既に万全ではない。

強行してもたらされる目先の金に頼らなければならないほどの事情だというのは
これまでの色々で想像がつく。

開催が正しいかと言われれば
絶対そうじゃないとは思うけど。

今までの大型イベントの開催自粛はなんだったんだろうか。

各国がコロナウィルスで厳戒態勢の中、
本当に良かったのだろうか。

日本国内だけでなく、
世界中から奇異な目でか見られるのではないか。

こんな緊張感のない国で、
オリンピックを開催してよいのか等、
疑問の声が聞こえて来そうだ。

格闘技:中村拓己プロデューサーの経歴

中村プロデューサーの経歴がこちらです。

福岡県 久留米市 出身。

プロレスファンから格闘技ファンを経て
2003年に格闘技WEBマガジンの編集部入りし、
2012年からフリーライターに。

スポーツナビではその年の青木真也vs.エディ・アルバレスから執筆。

格闘技を中心に活動し、
専門誌の執筆、技術本の制作、テレビ解説も務める。

※「https://sports.yahoo.co.jp」より引用

また、SNSでは本人のFacebookも確認されています。

Facebookからは以下の情報が得られています。

学歴

(1)東明館高校

(2)慶應義塾大学 商学部

中村プロデューサーは「1981年8月18日生まれ」であるため、現在の年齢は38歳となります。
(2020年3月現在)

スポンサーリンク