【クラボウ】コロナ検査キットの市販は?提携先の中国企業はどこ?

旬な話題やトレンド

こんにちは。ミライです。

2020年3月12日、繊維メーカー「クラボウ」が新型コロナウイルスの検査キットの販売を発表し、世間の注目を集めています。

クラボウによると、この検査キットを使えば、わずか15分程度で感染の有無を調べられるとのこと。

一体、この検査キットとはどんな代物なのでしょうか?

クラボウが新型コロナの検査キットを販売へ

クラボウが販売する検査キットについて「KYODO」は次のように報じています。

クラボウは12日、
約15分で新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べられるキットを16日から輸入販売すると発表した。

少量の血液で検査ができ、
従来のPCR検査と比べて時間やコストが大幅に短縮できるという。

(2020年3月12日配信)

上記の通り、話題の検査キットは2020年3月16日から販売が開始されます。

別の報道によると、この検査結果の精度は95%を誇っているとのこと。

また、判定に使用するのは血液であるため、二次感染の確率が低いようです。

世間の反応

クラボウ株価急上昇w

クラボウがPCRしなくていいイムノクロマトの検査キットを出すのですね。

検査は相当簡単化・短時間化されそうです。

精度等はどんなものなんでしょう

おぉ、これは期待できそうですね。

厚労省は邪魔をしないように。

市販の予定は?

現在のところ、クラボウの検査キットは研究機関や検査機関などの専門機関に向けて販売される予定です。

エ.販売先(予定)

衛生研究所、
臨床検査会社などの研究・検査機関

※「https://www.kurabo.co.jp」より引用

そのため、個人への販売(市販)は予定されていないようです。

また、現在の時点では病院などの診療機関には販売が予定されていません。

開発を担当した提携先の中国企業はどこ?

話題の検査キットはクラボウが開発したわけではありません。

下記の通り、この検査キットは提携先である中国企業が開発したものです。

今回、
中国の提携先企業が開発したイムノクロマト法の原理に基づいた「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体検査試薬キット」を
日本国内に輸入し、販売を開始いたします。

※「https://www.kurabo.co.jp」より引用

ただ、提携先の中国企業については会社名が記載されておらず、その詳細は伏せられていました。

スポンサーリンク