【結婚】ドラム:大津惇とSharoの馴れ初め+共演は?

年齢や経歴などのプロフィール

こんにちは。ミライです。

今回は、ミュージシャンの「大津 惇(まこと)」さんを取り上げます。

ドラムを担当している彼ですが、ここに来て結婚していたことが明らかになり世間の注目を集めています。

一体、結婚相手は誰なのでしょうか?

ドラム:大津惇とSharo(歌手)が結婚

大津さんの結婚について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

女優 兼 歌手、Sharo(シャロ、35)が
2月18日にミュージシャンでドラマーの大津惇(29)と結婚していたことが4日、分かった。

仕事で出会った2人は2016年2月18日に交際を開始し、
今年(2020年)1月に両家で対面。

“5年目”の記念日に東京都内の区役所に婚姻届を提出した。

昨年(2019年)のクリスマスイブにプロポーズを受けたSharoは婚姻届提出時のツーショット写真を披露。

慶大卒で社会人経験もある6歳下の夫について

「私のダメなところを受け入れてくれる懐の深い人。

私一人で怒っているので、
けんかになったことはありません」

とノロけた。

Sharoは子供について

「神様にお任せします。
健康で、笑っていられる空間を作っていきたい」

とほほえんだ。

(2020年3月5日配信)

上記の通り、結婚相手は女優・歌手として活躍するSharoさんでした。

2人は仕事を通じて出会ったとのことですが、具体的な馴れ初めとは何だったのでしょうか?

世間の反応

なるほどーあのSharoかぁー。

あっ、アイツはいいやっだったよねー。

うわあ こいつは朝からビックリ! 

まさかあのsharoがねえ

へー、あのSharoがっ!

馴れ初めや共演は?

2人は仕事を通じて出会い、2016年2月に交際をスタートさせました。

つまり、これ以前に仕事で共演していたことになります。

2人とも音楽を仕事にしているため、共演する機会は多々あったでしょう。

そこで、共演歴を調べたところ、以下の情報が確認されたのです。

『希望の花』

歌:Sharo
作詞:辻伶 Cave
作編曲:辻伶
サポート:大津惇(Dr.)
サンドアート:Cave

※「https://ameblo.jp/cave-sand」より引用
2017年1月8日公開)

しかし、この共演は2017年であるため、当時から既に2人は交際していました。

恐らく、2人は2015年以前の共演で交際をスタートさせたと思われます。

2人の共演歴について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

プロフィール

大津さんのプロフィールがこちらです。

1990年7月30日生まれ。

幼少期の10年間を米国ミシガン州デトロイトで過ごす。

帰国後、
2006年にYamaha Big Wave Orchestraに加入。

同バンドでRichie Cole(sax)、Randy Brecker (tp)らと共演。

慶應義塾大学進学後、
自身のバンド「大津カルテット」が
六大学音楽FES’2010決勝大会において最多動員賞受賞。

※「https://makotootsu.themedia.jp」より引用

ちなみに、出身高校については本人のFacebookより「慶應義塾大学 湘南藤沢高等部」であることが確認されました。

また、彼は「東京都 府中市」の出身ですが、現在は横浜で暮らしています。

スポンサーリンク